エドワード・ブルワー=リットンの名言 Edward Bulwer-Lytton

エドワード・ブルワー=リットン(Edward Bulwer-Lytton)Wikipediaより

人に必要なのは才能ではなく、目標である。
達成するための力ではなく、働く意思である。

エドワード・ブルワー=リットン Edward Bulwer-Lytton

イギリスの小説家 劇作家 政治家 1803~1873


エドワード・ブルワー=リットンさんの言葉として、こういう言葉もあります。

およそ事業に必要なのは、する力ではなく、やり遂げるという決心である。


どんな才能であっても、使い込まないことには、磨かないことには光り輝くものではありません。

能力の差は、目指すものの差で簡単に覆ってしまうものです。

与えられている天賦の才が発現してくるタイミングも人それぞれです。
今活躍している才能より、もっと大きな才能があなたの中に眠っているかもしれません。

そういう能力を掘り起こしていくにも、目指すもの、夢が必要ですし、それをやり遂げるという決意がまず何よりも大切なものです。

もっと才能があれば、チャンスに恵まれれば、きっかけさえあれば。
これではいつまでも才能にもチャンスにもめぐり会うことはありません。

才能は大きな夢にチャレンジして掘り起こすものです。
能力は目指すものに応じて磨かれていくものです。

能力のなさを嘆いている場面に遭遇することがありますが、もしそう感じているとしたら、それは能力が足りないのではなく、目指すものが低い、小さいことの要因が大半でしょう。

負荷を加えずに、ひとりでに磨かれる能力はありません。

もっと才能があれば、こんな夢も目指せるのに。

これは全く逆ですね。
目指したい夢を本気で目指してチャレンジすれば、その夢に応じて才能がレベルアップしていきます。

自分の天賦の才が分からない。

どんなことでも、やり遂げる、極めようとしてチャレンジしていけば、必ず与えられた才能は掘り起こされてきます。

夢が先です。才能は後からついてきます。

最も大切な才能、能力は、夢を描く能力です。
それを本気で目指す意志です。

人間は思った通りになっていきます。
これは思ったほどにしかなれないと言い換えてもいいでしょう。

どんな夢を描くのも自由です。

どうぞ今見えている能力や、過去の自分と照らして夢を決めるようなことをしないでください。
あなたの中に眠る無限の能力が、発揮されずに持て余すことになります。

短い人生で自分がどれほどの能力を発揮できるのか知ってみたいと思いませんか?
あなたの思い描く夢次第で、どれほどでも才能を発揮することが出来ます。

どうぞあなた自身を過小評価しないでください。
あなたの能力は、あなたが思ったことを実現します。

あなたの夢があなたの最大の才能です。
どうぞ臆することなく、大きな夢を描いて本気でチャレンジしてください。

これまでに紹介したエドワード・ブルワー=リットンさんの言葉です。

(浜本哲治)

リットン男爵の写真(アンドレ=アドルフ=ウジェーヌ・ディズデリ撮影)Wikipediaより
リットン男爵の写真(アンドレ=アドルフ=ウジェーヌ・ディズデリ撮影)Wikipediaより

LINEで送る