南場 智子の名言 Tomoko Nanba

南場 智子(Tomoko Nanba)Wikipediaより

私は人が人を育てるとは思わない。
人は仕事のみによって育てられる。

南場 智子 Tomoko Nanba

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)創業者 1962〜


植物たちが育つことも、人間は「育てる」はたまた「育ててやっている」とまで考え、思っていることが多いでしょう。

植物たちも、人間が育てることはできません。
育てるのは、育ててくれるのは自然です。

ここを人間は勘違いしてはいけません。

人間についても同じですね。
どんなに経験や知識があろうが、人を育てることは誰にもできません。

本人がチャレンジして、遭遇する出来事から学ぶしかありませんし、その現象を引き起こす自然に育てられていくものですね。

人間ができることは、見守ること。
そして、自分自身が育っていくことだけですね。

自分自身が育つことで、その姿を見た人が、真の気づきを得ることができる可能性があります。

育てようとする人には、注意が必要かもしれません。

また、誰かを育てようとはしないことですね。
それが、自分の子どもであってもです。

むしろ、子どもと対峙することで、自分自身が育てられていることに気づいた方がいいですね。

人を育てよう。
人に育てられよう。
としないことで、きっとあなたの才能は、自然に沿った素晴らしい能力を発揮していくことになりますよ!

南場智子さんの、こんな言葉もありました。

苦しい時こそ、前のめりであれ。


前のめりに、立ち向かえ。


新規事業を始める基準は3つ一つは世の中に付加価値を提供できるかどうか。
次に勝てるかどうか。
最後はその事業をやりたくて仕方がないと目を輝かせている人(社員)がいるかどうか。
(ビジネスモデルの良し悪し以上にやる気が大事)


(浜本哲治)

LINEで送る