ヘンリー・ウォード・ビーチャーの名言 Henry Ward Beecher

ヘンリー・ウォード・ビーチャー(Henry Ward Beecher)Wikipediaより

「許すことはできるが、忘れることはできない」
というのは、
結局「許すことはできない」
というのと同じことだ。

ヘンリー・ウォード・ビーチャー Henry Ward Beecher

米国の宗教家 牧師 社会改革者 1813~1887


何事も中途半端にしてしまうと、
せっかくの思いが、反対の思いに、
受け取られてしまう可能性が高くなります。

もちろん、どのようにしても、
様々な受け取られ方をするのが、
自然界の無限の可能性であり、
人それぞれに違う価値観がある、
自然界の自然です。

しかし、愛や才能が届いている存在には、
その愛や才能が中途半端になって、
全く届かなくなったり、
好まれるよりむしろ嫌われるようになっては、
もったいないことですね。

こうと決めたら、とことん追求してみることです。
もちろん、それは硬直化することではありません。

可能性を存分に生かすために、
柔軟性があること、
手段などに囚われのないことは、
必要不可欠なことですが。

ひとつの夢、
大切な人の、また縁のあった誰かの、
幸せを実現することは、
中途半端にすることなく、
とことん追求していくことですね。

人生は、どれだけ許せるかである。
とは、誰かの言葉にありましたが。

起こってしまったことは、
どうにもなりません。
そこから何をどう学んで、
未来に生かせるかです。

許す許さないは、
どんどん超越していくことですね。

この囚われを超越していくと、
あなたの素晴らしい才能は、
さらにレベルアップしていきますね!

ビーチャーさんの、こんな言葉もありました。

どのように怒ってよいか分からぬ人は、
どのようにすれば正しいかも知らない。


(浜本哲治)


Henry Ward Beecher (English Edition)