ホラティウスの名言 Quintus Horatius Flaccus

ホラティウス(Quintus Horatius Flaccus)Wikipediaより

逆境は才能を現し、繁栄は才能を隠してしまう。

ホラティウス Quintus Horatius Flaccus

紀元前1世紀・古代ローマの詩人 紀元前65~8


能力は磨くことをやめると次の瞬間から退化が始まります。
これは常に進化、変化し続けている自然界の中ではごく自然なことです。

どんな能力も、もうこれでいいという境地はありません。
どこまで追求しても、さらにその先のレベルが見えてくるだけです。
どこまでも飽くなき追求をしていくことです。

環境が少し順調に推移してくると、このままずっと進んでいくのではないかという幻想を抱いてしまって、自分自身や能力の研磨をやめてしまうことが多くなります。

こういうタイミングがその先の人生には危険な時です。

順調に動き始めた時こそ、さらに自分自身と向き合ってチャレンジ、研磨をしていくことです。

あなたの素晴らしい能力の磨き込みにゴールを設けないでください。
どこまでも際限なく探求していくことを、ぜひすぐにでも決断して実践していってください。
それがあなたの人生をさらに充実させていく秘訣ですね。

ホラティウスさんのこんな言葉もありました。

会話をする時は、会話の相手、材料、場所の三つについて注意せよ。


これまでに紹介したホラティウスさんの言葉です。

(浜本哲治)

ホラティウスはマエケナスの前で読む。フョードル・ブロニコフ作 Wikipediaより
ホラティウスはマエケナスの前で読む。フョードル・ブロニコフ作 Wikipediaより

LINEで送る