野村 克也の名言 Katsuya Nomura

野村 克也(Katsuya Nomura)Wikipediaより

限界が見えてからが、勝負だ。

野村 克也 Katsuya Nomura

元プロ野球監督 1935~


野村克也さんのこんな言葉もありました。

才能には限界がある。
でも、頭脳に限界はない。


プロ野球選手は野球博士であれ。


一瞬のやる気なら誰でも持てる。
けれども、持続性のあるやる気は、深く認識したものだけに宿るのである。


楽を求めたら、苦しみしか待っていない。


物理的に考えても進むべき道、新たな道が見えてくるのは、今進んでいる道に行き詰まってからです。

限界を感じることなく、それを超える道も見えてこないでしょう。

物理的な能力にはもちろん限界がありますが、それを超えていくために感じること、考えることには無限の可能性のある自然界ですから限界はありません。

限界も感じることなく自分で創ってしまった枠の中で過ごすことは、とても気持ちいいように感じるかもしれませんが、常に成長、進化し続けている自然界、人間界の中でそれは大きな苦悩、不自然なストレスをやがてもたらすことになります。

自然界の自然、真理を知っていけば、チャレンジし続けることも限界を感じたところからが真に面白くなっていくことも実感できていくでしょう。

この自然界の原理原則に、ぜひあなたの素晴らしい才能は沿わせてあげてください。

そうすれば必ず応えてくれますよ。

これまでに紹介した野村 克也さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る