木村 政雄の名言 Masao Kimura

木村 政雄(Masao Kimura)Wikipediaより

100メートル先までボールを投げようとするから90メートルを目指せるんであって、50メートルでいいやと思ったら40メートルしか投げられない。
みんな大風呂敷を広げたらいい。
大きな夢を持ったら、実現のために何が必要か必死で考えるようになる。

木村 政雄 Masao Kimura

フリープロデューサー 1946~


夢や目標を持つことはもちろん大切なことですが、その設定の方法で実現の可能性が大きく違ってきます。

まさにこの言葉は的を射ています。

どうしても実現したい夢があったら、その夢を通過点にするようなその先の夢をイメージすることです。

目指している場所には到達出来ることもありますが辿り着けないこともあります。
しかし通過点は、そこに辿り着く確率は到達点より遥かに高くなります。

この夢や目標の設定の仕方が上手くいっていないケースも本当に多いですね。

また目標を達成してそれを維持していかなければならない場合も、目標をそのレベルの維持にしてしまうと結果としては維持も出来ない確率が非常に高くなってしまいます。
さらなる高みを目指すことで維持することは容易になっていきます。

もちろん夢や目標は明確にビジョンになっている必要があります。
夢を実現した時の様子を絵に描けるほどにビジュアル化されていなければ、夢や目標を持っている、設定しているとは言えないこともお忘れなく。

そして毎日あなたの実現したい夢はイメージしていますか?
これもやっていない人がほんとに多いですね。

どうしても実現したい夢が、今あなたのやっていることの2割増くらいの努力をすれば実現出来るかもしれないことでも、その先の夢を実現するには毎日積み重ねることに対して発想の転換が必要になることもあるでしょう。

実はこの発想の転換がどうしても実現したい夢にとってとても大切なことになります。
どうしても実現したい夢をターゲットにしているとこの発想の転換は生まれてきません。

実現できそうな小さな夢を積み重ねて大きな夢を実現しようとするより、大きな夢からブレイクダウンされた、小さな夢をひとつひとつクリアしていくことの方が夢を実現出来る可能性が遥かに高いですね。

やることは同じなのですが、視点が違うことであらゆる面で全く違うものになります。

夢や目標をどう描くか。どう設定するか。

非常に大切なポイントですね。

これまでに紹介したさんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る