ミケランジェロの名言 Michelangelo Buonarroti

ミケランジェロ(Michelangelo Buonarroti)Wikipediaより

やる価値のあることなら、たとえ最初は下手であっても、やる価値がある。

ミケランジェロ Michelangelo Buonarroti

イタリア彫刻家・画家・建築家・詩人 1475〜1564


ミケランジェロさんのこんな言葉もありました。

私がこの芸術の域に達するまでに、どれほどの努力を重ねているかを知ったら、誰も芸術家になりたいとは思わないだろう。


余分なものを取り除いていくことにより、彫像は完成していく。


美は、余分なものの浄化である。


やる価値のあることは、心からやりたいというエネルギーが溢れてくるもので、どんな苦労も厭わずにやれることでしょう。

それが無限にある能力を、どこまでも引き出すために必要不可欠なことです。
今の能力がどうかというのはあまり関係ありません。

能力差などは、好きで嬉々として一心に打ち込んでいくエネルギーが簡単に凌駕してくれます。

そして向かう方向は自然に近づいていく方向です。

何かを付け加えていくのではなく、どれだけ洗練させていくか、余分なものを削ぎ落としていけるかです。

芸術に限らず、あらゆることに共通していることですね。

ぜひやる価値のあることに全身全霊を傾けてチャレンジしてください。

他にもこんなミケランジェロさんの言葉がありました。

天才とは永遠の忍耐である。


美しいものを創作しようとする努力ほど、人間の魂を清めてくれるものはない。


これまでに紹介したミケランジェロさんの言葉です。

(浜本哲治)

ミケランジェロの署名 Wikipediaより
ミケランジェロの署名 Wikipediaより

LINEで送る