君原 健二の名言 Kenji Kimihara

君原 健二(Kenji Kimihara)Wikipediaより

人間に与えられた、最大の力は努力です。

君原 健二 Kenji Kimihara

陸上競技 長距離走 マラソン選手 1941〜


君原健二さんの、こんな言葉もありました。

努力の成果なんて目には見えない。
しかし、紙一重の薄さも重なれば本の厚さになる。


努力と言うと、歯を食いしばって「頑張る」悲壮感がイメージされますが。

自分自身が辛いと感じているようでは、それは努力ではないでしょう。

周りがどう感じていたとしても、自分自身は嬉々として、貪欲に掘り下げていくことができることが、真の努力と呼べるものですね。

結果などに明らかな違いが出てきますからね。

そしてそういう真の努力は、誰にでもできるものであり、すでに備わっている最大の能力、才能と言ってもいいでしょう。

この最大の能力を、いかに当たり前に使っていけるか。
引き出していけるかですね。

それには、自然界の真の夢を持つことがまず第一に大切なことですね。

そして、これも含めて自然に沿っていくことが、何よりも最大の力を引き出す秘訣ですね。

エネルギーを一点に集中させることも、自然界の自然の理に適ったものですが、愛する大好きなそこから、あなたの最大の力を引き出していってください。

君原健二さんのこんな言葉もありました。

人生は、よくマラソンに例えられるが、私はむしろ、人生は駅伝であると思う。
前を走った者から、たすきを受け継ぎ、後に走る者につなぐ…。
途中で走ることをやめるわけにはいかないのが人生。


これまでに紹介した、君原健二さんの言葉です。

(浜本哲治)

君原健二,1964 Wikipediaより
君原健二,1964 Wikipediaより

LINEで送る