徳川 家康の名言 Ieyasu Tokugawa

徳川 家康(Ieyasu Tokugawa)Wikipediaより

一軍の将たる者は、味方諸人のぼんのくぼばかり見ていて勝てる者にてはなし。

徳川 家康 Ieyasu Tokugawa

江戸幕府初代将軍 1543~1616


徳川家康さんの、こんな言葉もありました。

器物は何ほどの名物にても、肝要の時に用に立たず。
宝の中の宝といふは人にて留めたり。


人は誰しも、自分自身を率いる将です。

その自分自身を統率できなければ、自分以外の人や存在を率いることはとても難しいでしょう。

自分自身を統率していくにも、人の後追いをしているだけでは、また既存の領域だけで満足しているようでは、充実感も満足感も高まっていかないですね。

また、人間は道具に操られているのではないかと思えるほどに、自分自身の研磨より道具などに意識が向きすぎていますね。

これは、本来目指すべき夢や目的ではなく、手段や結果ばかりを気にする傾向にも現れているでしょう。

もちろんしっかりした目指すべきものを持っていれば、そこに至るための道具や手段などを大切にすることはとても重要なことですが。

本末転倒になってしまっては全く意味がありません。

無限の可能性を秘めている、あなた自信をまず第一にひたすら深く磨き込んでいってください。

その深さに応じて、あなたの才能、脳は必ず応えてくれます。

これまでに紹介した、徳川家康さんの言葉です。

(浜本哲治)

徳川家の家紋"丸に三つ葉葵(徳川葵)" Wikipediaより
徳川家の家紋"丸に三つ葉葵(徳川葵)" Wikipediaより

LINEで送る