徳川 家康の名言 Ieyasu Tokugawa

徳川 家康(Ieyasu Tokugawa)Wikipediaより

人の一生は、重荷を負うて遠き道をゆくが如し。
急ぐべからず。
不自由を常と思えば不足なし。
心に望み起こらば、困窮したるときを思い出すべし。
堪忍は無事長久の基。
怒りは敵と思え。
勝つ事ばかり知りて、負くること知らざれば、害その身に至る。
己を責めても人を責めるな。
及ばざるは過ぎたるより勝れり。

徳川 家康 Ieyasu Tokugawa

江戸幕府初代将軍 1543~1616


徳川家康さんの遺訓として有名なこの言葉は、後世の創作であったようですが。

家康さんの人生哲学が表れていて、真理を突いた言葉ですので、家康さんの言葉として紹介させていただきます。

体重の多少の増減で、重くなった軽くなったと感じる肉体をまとい。

十代をピークに年々老化していき。

全力で走ればすぐに疲れて、休息が必要になり。

自然の命を三度の食事でいただき、一日に数時間は寝ないことには心身の健康を保てない人間ですから。

生きているだけでも奇跡的なことで、重労働と言えるかもしれません。

人生は山登りにも、よく例えられますが。
何も目指していかなくても、生きているだけで色んなことがあって感情を揺すられ、心身ともに疲労して、否応なく山登りをするようなものでしょう。

いずれにしても山登りをするのであれば、それを自らすすんで愉しむのか、嫌々登るのかでは雲泥の差になります。

また思うように前に進まないのが山登り、人生なんだと得心してしまえば、それを当たり前にしていけます。

そもそも不自由を感じるのは、人間の思いと現実のギャップを認識することで起こることですが。

心や思いが人間に与えられているのは、人間の進化のためですね。

思いと現実のギャップを感じられるからこそ、その思いに近づいていこうとして自分自身を変化、進化させられるものです。

この思いがなかったとしたら、人間の進化はあり得ませんね。

ですから、思いと現実のギャップに思い悩むことも、不自由に感じることはないわけです。
それは当然のこと、素晴らしいことです。

逆に、思いと現実のギャップを感じられなくなる方が問題ですね。
進化する余地がなくなる訳ですからね。

また、この言葉の中で一貫して言われていることは、全ては自分の中にあるということでしょう。

山登りも、自分の足で一歩一歩確実に刻んでいくことでしか、頂上にも途中にも辿り着けません。

楽をしようとすれば、必ずそのツケが回ってきます。

あなたの、いずれにしろ登らなければならない人生の山はどんな山でしょう。
どこまで登ることを愉しんでいるでしょう。

その山を高く登れば登るほどに、多くの人の幸せに繋がっていって、人類と自然が大きく進化していきます。

どこまで登るかも、どうやって登るかも、あなたが自由に決められることです。

どうぞ、常に思いと現実のギャップを愉しみながら、あなたの心とだけ向き合って、出来るだけ遠くまで、高く登って行ってください!

その思いが、何倍も人生を愉しいものにしてくれますね!

これまでに紹介した、徳川家康さんの言葉です。

(浜本哲治)

岡崎城天守 Wikipediaより
岡崎城天守 Wikipediaより

LINEで送る