横井 也有の名言 Yayu Yokoi

横井 也有(Yayu Yokoi)Wikipediaより

健康十訓

1. 少肉多菜(肉を少なく、野菜を多く)
2. 少塩多酢(塩を少なく、酢を多く)
3. 少糖多果(砂糖を少なく、果物を多く)
4. 少食多噛(小食で、よく噛む)
5. 少衣多浴(薄着にして、陽にあたる)
6. 少言多行(口先よりも、行動本位で)
7. 少欲多施(欲は少なく、他につくす)
8. 少憂多眠(思い悩まず、よく眠る)
9. 少車多歩(車に乗るより、よく歩く)
10. 少憤多笑(怒らず、よく笑う)

横井 也有 Yayu Yokoi

江戸時代の武士 国学者 俳人 1702〜1783


健康は何よりも大切なものです。
健康以上に大切なものはありません。

健康とは今の身体の状態を言うのではありません。
今食べてるもの、食習慣、生活習慣は、数ヶ月後、数年後の健康を創っているものです。

本当の健康とは今の生活習慣の状態を指すものです。
今の生活習慣、食習慣は健康ですか?

「健全な精神は、健全な肉体に宿る!」
気持ちばかり先行しても、身体がついてこなければ心も折れてしまいます。

健康な身体を創っていくことは、心の健康を守っていくためにも大切なことですね。

健康でありさえすれば何でも出来ます。

その他の十訓も紹介してみます。

心戒十訓
1. 人を大切にする人は人から大切にされる。
2. 人間関係は相手の長所と付き合うものだ。
3. 人は何をしてもらうかより何が人に出来るかが大切である。
4. 仕事では頭を使い、人間関係では心を使え。
5. 挨拶はされるものではなくするものである。
6. 仕事は言われてするものではなく、探してするものである。
7. わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強だ。
8. 美人より美心。
9. 言葉で語るな、心で語れ。
10. 良い人生は、良い準備から始まる。


ならぬもの十訓
1. 忘れてはならぬもの「感謝」
2. 言ってはならぬもの「愚痴」
3. 曲げてはならぬもの「つむじ」
4. 起こしてはならぬもの「短気」
5. 叩いてはならぬもの「人の頭」
6. 失ってはならぬもの「信用」
7. 笑ってはならぬもの「人の落ち度」
8. 持ってはならぬもの「ねたみ」
9. 捨ててはならぬもの「義理人情」
10. 乗ってはならぬもの「口車」


つもりちがい10カ条
1. 高いつもりで低いのが教養
2. 低いつもりで高いのが気位
3. 深いつもりで浅いのが知識
4. 浅いつもりで深いのが欲望
5. 厚いつもりで薄いのが人情
6. 薄いつもりで厚いのが面皮
7. 強いつもりで弱いのが根性
8. 弱いつもりで強いのが自我
9. 多いつもりで少ないのが分別
10. 少ないつもりで多いのが無駄


十訓抄
1. 人に恵を施すべき事
2. 傲慢を離るべき事
3. 人倫を侮らざる事
4. 人の上を誡むべき事
5. 朋友を選ぶべき事
6. 忠直を存ずべき事
7. 思慮を専らにすべき事
8. 諸事を堪忍すべき事
9. 懇望を停むべき事
10. 才芸を庶幾すべき事


これまでに紹介した横井也有さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る