マルク・シャガールの名言 Marc Chagall

マルク・シャガール(Marc Chagall)Wikipediaより

自分自身を完全に打ち込ませなければならない。
仮に99パーセントしかのめりこめないのであれば、
情熱が足りないか、才能が足りないかのいずれかだ。

マルク・シャガール Marc Chagall

ロシア(現ベラルーシ)出身のフランスの画家 1887〜1985


一点に集中、没頭できる能力は、貴重な才能です。

技術的な能力が高くても、
没頭することなしに、
その能力が大成することはないでしょう。

ただ、この没頭する才能は、
誰もが持ち得ているもので、
それを使うかどうかだけだとも言えます。

また、それを発揮できるかどうかは、
環境の問題ではないでしょう。

どんな雑踏の中であっても、
没頭、集中することはできます。

現代には、様々な選択肢があって、
没頭できない、しなくても良い、
環境でもありますから。

自ら没頭することを手放してしまっているケースも多いですね。

また、没頭することに、
心配、危惧を抱いてしまうことも、
多くなっているのかもしれません。

事を成就していくためには、
没頭、集中なしにはあり得ないことを心して、
躊躇なく没頭に踏み込んでいくことです。

そして、没頭にも深さがありますから、
どこまでも深く、そして長く没頭して、
無限にある高さの、少しでも高い領域を目指してください。

あなたの素晴らしい才能は、
没頭に支えられて進化していきます。

シャガールさんの、こんな言葉もありました。

心を込めて創り出した時は、たいてい何でもうまく行く。
頭を捻ってひねって作り出しても、おおよそ無駄である。


ただ自分の論理と理性を持つ真摯な心だけが自由なのだ。
文学が不条理であろうとも、
最も純粋であると人々に言われる段階にまで達したのは、
魂それ自身によったのである。


愛だけが私の興味を引くものだから、
愛を取り巻くものとしか私はかかわりを持たない。


(浜本哲治)