大久保 利通の名言 Toshimichi Okubo

大久保 利通(Toshimichi Okubo)Wikipediaより

今日のままにして 瓦解せんよりは、むしろ大英断に出て、瓦解いたしたらんにしかず。

大久保 利通 Toshimichi Okubo

武士(薩摩藩士)政治家 1830〜1878


自然界では今のままということはあり得ません。
常に変化、進化しているのが自然界です。

その自然界の中で、今のままを維持しようとすることは不自然なことで、大きな不自然なストレスを感じることになります。

同じ時間とエネルギーをかけていくのであれば、変化、進化を目指したチャレンジにしていくことです。

同じようなことをしていても、この両者では雲泥の差と言って良いほどに感じるストレスが違ってきます。

もちろんチャレンジしたからといって全てが上手くいくとは限りません。

ただ維持しよう、今のままでいいとしていってもいずれは瓦解しますから、仮にチャレンジして崩れたとしても座して待つのと同じことですね。

逆に上手くいった場合には、さらなる高みで違う景色を見ることができます。

才能、能力も維持しようとするほどに辛い思いをすることになることは誰もが実感していることでしょう。

短い人生ですから決して立ち止まることなく、常に高みを目指してチャレンジしていってください。

そのチャレンジに自然もあなたの能力も必ず応えてくれますよ。

大久保利通さんのこんな言葉もありました。

彼は彼、我は我でいこうよ。


これまでに紹介した大久保利通さんの言葉です。

(浜本哲治)

大久保神社(郡山市安積町)Wikipediaより
大久保神社(郡山市安積町)Wikipediaより

LINEで送る