石坂 泰三の名言 Taizo Ishizaka

石坂 泰三(Taizo Ishizaka)Wikipediaより

わがままこそ老人の本領だ。
老人が老人として他から期待されるところは、善意の、誠心誠意の、私利私欲を離れての、かつ深謀遠慮としてのわがままである。

石坂 泰三 Taizo Ishizaka

第一生命保険 東京芝浦電気(現・東芝)社長を経て第2代経済団体連合会(経団連)会長 1886〜1975


これは老人に限らず、自然界のあらゆる存在に言えることでしょう。

自然界は、愛だけが循環していくことで進化を遂げていける世界です。

ただ人間は、その思考が邪魔をしているのか、この境地になかなかたどり着けずにいるのが、まぎれもない現実でしょう。

不自然極まりない人間界の流れに、ただ追随するだけでは、この言葉にもあるような、真のわがままは実現していかないでしょう。

不自然や愛以外の循環には、勇気を持って手放していくことが、とても重要なことになります。

自然界はひたすら愛だけを循環させていけば、愛に溢れた状態の中で過ごしていける世界です。

ぜひあなたの素晴らしい才能にも、自然界の真のわがままを授けてあげてください。

決して人間界の不自然に盲従することは授けないようにしてくださいね。

真のわがままは、愛を生み出していきます。

これまでに紹介した、石坂泰三さんの言葉です。

(浜本哲治)

墓の横にある石碑には、泰三の功績が年表で記されている Wikipediaより
墓の横にある石碑には、泰三の功績が年表で記されている Wikipediaより

LINEで送る