石坂 泰三の名言 Taizo Ishizaka

石坂 泰三(Taizo Ishizaka)Wikipediaより

人生はマラソンなんだから、百メートルで一等をもらったってしょうがない。

石坂 泰三 Taizo Ishizaka

第一生命保険 東京芝浦電気(現・東芝)社長を経て第2代経済団体連合会(経団連)会長 1886〜1975


人生の時間は限りがあり、
短いものだとは言っても、
人間の体力、集中力からしても、
休みなく一気に駆け抜けることはできません。

人それぞれに、短距離型、長距離型の特性もありますね。

ただ、短い時間で見れば、
多少の能力差が出るでしょうが、
長いスパーンで見れば、
それほど、進める距離は変わらないものでしょう。

いかに飽くことなく走りづけられるかが、
到達点の違いになるだけですね。

そういう意味では、
人生は時間走、制限時間内に、
どれだけ走れるかと言ってもいいでしょう。

それも、誰かとの競争ではなく、
自分との向き合いです。

もちろん、当てもなく無闇に走っても、
得られるものは少ないでしょうし、
なかなか走り続けることはできませんから、
人生を愉しく、得られるものを多くして、
充実させていくためにも、
走り続けられるために、
目指すもの、夢、到達地点が明確になっていることは、
必要不可欠なものでしょう。

また、目指す到達点である夢を、
嬉々として走り続けられる、
自然界で、本来目指すべき夢にしておくことは、
非常に重要なことです。

まだまだ、色んな方に夢を聴くと、
それでは、チャレンジし続ける、
走り続けるのは難しいと感じてしまう、
夢を語る方は本当に多いですね。

夢の大きさではなく、
目指すターゲットも問題ですね。
手段や過程、与えられる結果を、
夢として目指している人が多いですね。

この目指すものの影響で、
ストレスを溜め込んだり、
続けられない自分を卑下したり、
苦悩している人は、驚くほどに多いものですね。

夢はどう頑張っても、一度や二度走ったり、
チャレンジしただけで実現できるものではないでしょう。

少なくとも1万時間は、走り続ける、
チャレンジし続ける必要があります。

どうぞ、あなたの素晴らしい才能に、
嬉々としてチャレンジし続けられる、
夢を与えてあげてください。

あなたの才能が、最高の能力を発揮できるのは、
あなたが目指す夢次第だと言っても過言ではありません。

石坂泰三さんのこんな言葉もあります。

人生のコースには人それぞれのペースというものがある。
自分のペースに合わせて、息切れず、疲れすぎをせず、ゆうゆうと歩を進めて、とにかくその行き着くところまで、立派に行き着けばよろしいのだ。


人生の制限時間を使って、
自ら目指す夢の、どこまで辿り着けるか。
その過程で、また到達時にどんな景色が見られるのか、
目指すものさえあれば、
人生は本当に楽しみなことばかりですね。

これまでに紹介した、石坂泰三さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る