葛飾 北斎の名言 Hokusai Katsushika

葛飾 北斎(Hokusai Katsushika)Wikipediaより

思えば七十歳以前に描いたものはみな、取るに足らないものだった。

葛飾 北斎 Hokusai Katsushika

江戸時代後期の浮世絵師 1760〜1849


この追求、探求こそが、自然界の自然に沿った本質に向けた方向でしょう。

こう感じられる探求の手応えがあるほど、自然界での真の探求が進んでいる証拠ですね。

自然界の存在は常に、時間と循環を重ねるほどに高みに至れるものです。

年齢によって、基本能力が低下したとしても、それを実現できるように天賦の才を備えられています。

そのことに人間は気づくべきですね。

そのためにも、自然界で目指すべき真の夢にチャレンジすること、自然界の原理、自然に沿ってチャレンジしていくことが、何よりも大切なことになります。

もちろん、自ら選んだ道を自分自身の心の意志として進んでいなければ、この言葉を実感できるようにはならないでしょう。

あなたは、どこまでも進化していける存在です。
最期の瞬間まで進化し続ける、自然界での人生を過ごし、最高の人生を愉しでください!

これまでに紹介した、葛飾北斎さんの言葉です。

(浜本哲治)

『冨嶽三十六景 凱風快晴』(通称:赤富士)Wikipediaより
『冨嶽三十六景 凱風快晴』(通称:赤富士)Wikipediaより

LINEで送る