ウイリアム・オスラーの名言 William Osler

ウイリアム・オスラー(William Osler)Wikipediaより

明日を耐え抜くために、必要なものだけ残して、あらゆる過去を放棄しなさい。

ウイリアム・オスラー William Osler

カナダ出身の医学者 現代の医学教育の基礎を築く 1849~1919


ウイリアム・オスラーさんの言葉です。

昨日の重みに加えて、明日の分まで今日背負うとしたら、どんなに強い人でもつまづいてしまう。


未来とは今日のことです。
明日など存在しないのです。


人間はその思考領域に、様々なものを抱え込み過ぎですね。

もとより思考領域はとても小さく、そこにはそれほど抱え込んでおくだけのキャパシティはないと心得ることです。

人間の脳の思考領域は、たとえば覚えておかなければならない。忘れてはならない。というようなストレスには非常に弱く、このストレスによって心身に大きなダメージを受けてしまいます。

そして思考領域に残しておかなくても、脳のメカニズムとしては大切なことだけでなく、あらゆる情報はしっかりとインプットされていて、その引き出し方さえ体得していれば、いつでも自在に引き出すことができます。

そんな脳のメカニズムを把握して、できるだけ思考領域から様々なことを手放していくことですね。

また過去はどんなにあがいても変わることはなく、未来に生かせれば過去はどうにでもなります。

そして未来を創っていくのは今しかなく、いくら心配しても仕方のないことですね。

過去を生かせる未来を創ることができるように、今に全神経を集中させてチャレンジしていくことです。

それでこそあなたの素晴らしい才能が引き出されて、存分にそのポテンシャルを発揮してくれます。

これまでに紹介したウイリアム・オスラーさんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る