勝沼 精蔵の名言 Seizo Katsunuma

勝沼 精蔵(Seizo Katsunuma)Wikipediaより

行動だよ。
何もしないである日突然、潜在能力は現れはしない。

勝沼 精蔵 Seizo Katsunuma

医学者 血液学 神経病学 第三代目名古屋大学総長 1886〜1963


潜在能力は再現性を持たせて引き出せるようになってこそ価値があります。

もちろん行動、チャレンジなくして潜在能力の出現はありませんが、ただ闇雲に行動すれば潜在能力を引き出せるかといえばそうではありません。

潜在能力を引き出していくにはコツがあります。

火事場の馬鹿力のように、窮地に追い込まれると引き出されるものもありますが、これは再現性がとても難しいでしょう。

まずひとつ目のコツは、思考を手放していくことですね。
潜在的な能力は思考で考えて引き出せるようなものではなく、思考で引き出せるものは潜在能力ではなく顕在能力でしょう。

潜在能力を引き出そうとする時には思考を手放していくことです。
思考は手放そうと考えてしまうと、その行為自体が思考になっていますからなかなか手放すことはできません。

私の場合は「ありがとう」という言葉を心の中で何度も呟くなどの手法で思考を簡単に手放すことができるようになりました。

次に大切なコツは力を抜くことですね。
心にも身体にも力が入った状態では潜在能力は引き出せません。

これは日常生活のあらゆる場面でトレーニングできますし、していくことが大切ですが、いわゆる自然体を常に心がけていくことです。

心身の自然体、力を抜いた状態は、思考を手放したりする心からのアプローチと身体を弛緩させたりする身体からのアプローチがありますが、両方を駆使していくといいでしょう。

思考を手放し、力が抜けた自然体ができてくれば、潜在能力を意図的に再現性を持たせて引き出せるようになっていきます。

しかしそもそも潜在能力が自分の中に存在しているのだと理解できていないと、引き出せるものもできなくなってしまいます。

人間の能力は、脳がリミッターを設定していますので、通常はほんの数パーセントの能力しか引き出せません。
いくら引き出そうとしても、思考では全く引き出せないどころか、潜在能力などないのではないかと感じられるようになってしまうでしょう。

脳のメカニズム、顕在能力と潜在能力の関係などを理解して、もうすでに膨大な質と量の潜在能力が現存していることを理解して、潜在能力を引き出せるコツを掴んでその存在を実感していってください。

ぜひこの方法でアクション、チャレンをして潜在能力をどんどん引き出していってください。

あなたの世界がどんどん広がっていきますよ。

これまでに紹介した勝沼 精蔵さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る