勝沼 精蔵の名言 Seizo Katsunuma

勝沼 精蔵(Seizo Katsunuma)Wikipediaより

われわれ人間には、まだまだ三分の二の潜在能力がある。
それを掘り起こした者が天才であり、眠らせて終わるのが凡人だ。

勝沼 精蔵 Seizo Katsunuma

医学者 血液学 神経病学 第三代目名古屋大学総長 1886〜1963


この言葉に対し、潜在能力を開発する方法を人から問われた勝沼さんは、こう答えています。

「行動だよ。何もしないで、ある日突然潜在能力はあらわれはしない。」

氷山の一角という言葉があるように、私たちの通常の能力は、表面に現れた見える部分だけが使われています。

海に沈んで見えない部分の能力が、必ずあります。

火事場の馬鹿力や、心のリミッターを外した経験があれば、その存在を感じたことがあると思います。

潜在能力を開発していくには、まずはそういう能力が必ずあるということを知っておくことが必要ですね。

そして、その存在を身近に感じるには、やはり自分の天賦の才を追求していくのが一番でしょう。

嫌なこと、やらされていることで、リミッターを外すのは容易なことではありません。

しかし、好きなことややりたいことで、リミッターを外すことはわりと簡単なことです。

さらに、潜在能力の高い再現性を手にするには、自然体を覚えることですね。

心と身体の自然体の感覚をつかめば、自由自在に潜在能力の領域に、ストレスなく踏み込むことが出来ます。

自然体になることを、何か難しいことのように捉えられていますが、自然体は、何も難行苦行をしなければ到達できないような、そんな境地ではありません。

色んなことを、人間は自ら難しいものにしている。
という例は、ほかにもたくさんありますね。

自然体は目の前の自然に学べば、学ぼうとする心さえあれば、普通に教えてくれていますよ。

俗に言われる天才は、何も特別なものではありませんね。
ましてや、持って生まれたものでもありません。

これは、多くの天才と言われた人たちが異口同音に言っていることですね。

一度しかない限られた時間の人生なんですから、せっかくですから、あなたの天賦の才も発揮してみてはいかがですか?

今のあなたは、まだまだ本当のあなたではないんです!
もっともっと秘められた能力が眠っています。
自分自身を、どうぞ信じてあげてくださいね!

そして、天賦の才は使ってみなければ、天賦の才かどうか分かりませんから。
行動あるのみですね。

(浜本哲治)

LINEで送る