茂木 健一郎の名言 Kenichiro Mogi

茂木 健一郎(Kenichiro Mogi)Wikipediaより

脳の神経回路は楽観的に物事をとらえていないと潜在能力を発揮できないようにできています。
悲観的なときの脳は言うなれば潜在能力に蓋をして抑え込んでいる状態なのです。

茂木 健一郎 Kenichiro Mogi

脳科学者 1962~


人間の脳はイメージしたことを実現していこうとしますから、楽観的に捉えていればそれを実現しようと閃きや能力を引き出していきます。
もちろん悲観的に捉えていれば、またそれも実現しようとします。

多くの場合、悲観的なイメージの実現は閃きや潜在能力は必要ありませんから、それらが引き出されることはないでしょう。

茂木 健一郎さんのこんな言葉もありました。

脳は自己暗示にかかりやすいため悲観的なことでも面白くとらえ直したり、楽しいことを考えたりするだけで前向きになり潜在能力の邪魔をしている蓋を外すことができます。


脳にどんなイメージを持たせるかが大切なことになりますね。
これも思考、行動習慣と言っていいかもしれません。

同じ出来事に遭遇しても、楽観的に捉えられる場合とそうでない場合もありますし、楽観的に捉えられる人とそうでない人もいます。

捉え方やイメージは習慣をアップデートすることでどんどん変化させていけます。

また人間にも感情がありますから、喜怒哀楽の怒哀を感じてしまうと悲観的になりがちですが、本来感情のエネルギーは推進力に使うためにあるだけで、それに変換していくことが大切なのですが、人間の場合その感情自体に囚われてしまうことが多いですね。

この感情を推進力のエネルギーに変換していくことも、思考習慣、行動習慣をアップデートしていくことで変えていけます。

ぜひネガティブに捉えてしまう思考、行動習慣をアップデートしてポジティブに捉えられるようにしていってください。

この習慣のアップデートは、まさにこの言葉にもあるように潜在能力や閃きを引き出す大きなインパクトになっていきますよ。

これまでに紹介した茂木 健一郎さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る