水木 しげるの名言 Shigeru Mizuki

水木 しげる(Shigeru Mizuki)Wikipediaより

成功や栄誉や勝ち負けを目的にことを行ってはいけない。

水木 しげる Shigeru Mizuki

漫画家 1922~2015


自然界で本来目指すべき夢や目標、目的は、大切な存在の幸せを実現していくことです。
その夢を実現した結果として、自分自身の成功や栄誉が与えられて、勝負などに勝っていくものです。

それなのに人間界では、あまりにもこの結果や過程を目指すことを夢や目標と捉えて行動して、不自然な大きなストレスを抱え込む結果となり、心身を疲弊させてしまっています。

また結果や過程を得ることを目指していくことは、自分自身だけでなく周囲にも不自然なストレスを与えてしまうことになります。

勝ち負けも相手との比較をしている限り、不自然なストレスから逃れることはできないでしょう。
ひたすら自分自身と向き合って、自分を高めていくことに磨きをかけて、いざ勝負の場に臨んでどれだけ自分自身を高められたかで勝ち負けが与えられるものです。

自分自身と向き合っている限り、勝ちも負けも自分にとっての褒賞、愛になります。
自分の成長、進化、足りないものを知ることになりますからね。

目指すものを間違えないでください。

自然界で目指すべき真の夢にチャレンジして、与えられる結果を楽しみにしてください。
手段や過程、結果を目指したチャレンジとは明らかに違う素晴らしい愛を享受できることに気づくはずです。

これこそが自然界での人生の最大の喜びになっていくはずです。

これまでに紹介した水木しげるさんの言葉です。

(浜本哲治)

水木が16歳の頃に一時家族3人で暮らしていた丹波篠山。ここから軽便鉄道と国鉄を乗り継いで大阪の美術学校へ通った。Wikipediaより
水木が16歳の頃に一時家族3人で暮らしていた丹波篠山。ここから軽便鉄道と国鉄を乗り継いで大阪の美術学校へ通った。Wikipediaより

LINEで送る