ギルバート・キース・チェスタトンの名言 Gilbert Keith Chesterton

ギルバート・キース・チェスタトン(Gilbert Keith Chesterton)Wikipediaより

真の満足は、いかなる状況からも、その中のあらゆる価値を取り出せることにある。

ギルバート・キース・チェスタトン Gilbert Keith Chesterton

イギリスの作家 推理作家 1874~1936


自然界で遭遇する出来事には一切の無駄はなく、エネルギーの共鳴で起こるあらゆることは、必然で必要なことで最高のことしか起こりません。

この自然界の原理を真に理解していれば、遭遇した現象が何を意味するのかと興味津々に感じたくなるものです。
そこには価値のあるものしかありません。

この価値を見出していくためには、できるだけ遭遇した現象に対して思考を働かせないことです。感じることです。

感じることができるようになれば、その現象に遭遇した意味や価値、理由などが簡単に明らかになっていくでしょう。

感じるためには、思考を手放していくことです。
考えることをやめていくと、自然に閃きや感じることができるようになります。

考えることに慣らされている人間界では、考えることをやめること、思考を手放していくことには、最初は抵抗があるかもしれませんが、これができるようになっていけば、これまで考えていたように、普通に感じること、閃きを自在に引き出すことができるようになります。

俄には信じ難いことかもしれませんが、これは実際にできることです。

どうぞ全てに意味がある、全ての出来事から価値あるものをどんどん見つけていってください。

これだけで人生が大きく変わっていくことになりますよ。

ギルバート・キース・チェスタトンさんのこんな名言もありました。

する価値のあることなら、へたでもいいからやってみる価値がある。


どんなに行動を起こそうが逃れられない運命があるなんて私は信じない。
私が信じるとすれば、何も行動を起こさないと逃れられない運命があるということだけだ。


狂気を生むのは実は理性なのである。


これまでに紹介したギルバート・キース・チェスタトンさんの名言です。

(浜本哲治)

左からジョージバーナードショー、ヒレアベロック、GKチェスタトン Wikipediaより
左からジョージバーナードショー、ヒレアベロック、GKチェスタトン Wikipediaより

LINEで送る