貝原 益軒の名言 Ekiken Kaibara

貝原 益軒(Ekiken Kaibara)Wikipediaより

老人は一日をもって十日として日々楽しむべし、常に日を愛惜して一日もあだに暮らすべからず。

貝原 益軒 Ekiken Kaibara

江戸時代の儒学者 1630~1714


これは老人に限らず、自然界で生を授かった全ての存在に言えることでしょう。

しかし自然界の先輩である植物たちは、この生き様が普通になっていますが、人間はまだまだ命である時間を浪費してしまっているのではないでしょうか。

そもそも時間が命であるという認識と実感を持って過ごしている人は少ないですね。

自然界での人生には、例外なくタイムリミットがあります。
このことは誰もが知識としては知っていますが、その限りある時間を愛おしむように過ごしている人がどれくらいいるでしょう。多くはないでしょう。

愛惜の念を持って日々過ごしていくには、やはり目の前の今の瞬間に全力で向き合っていくことでしょう。
人間はとかく過去や未来に囚われすぎて、目の前の今が疎かになってしまっています。

どうぞ二度と訪れることのない、目の前の今を愛しんでください。
そこに常に意識が集中できていれば、過去も生かされ、未来も望み通りのものになっていきますよ。

貝原 益軒さんのこんな名言もありました。

言語を慎んで、無用の言葉をはぶき、言葉数を少なくしなさい。
喋れば喋るほど気を減らし、また気が高ぶる。
大きく元気を損なってしまう。
言語をつつしむ事も徳を養い、身を養う道である。


養生の要は、自ら欺くことをいましめて、よく忍にあり。


知っていても、それを行動に移さないのであれば、知らない者となんらかわりは無い。


これまでに紹介した貝原 益軒さんの名言です。

(浜本哲治)

『大和本草』(国立科学博物館の展示)Wikipediaより
『大和本草』(国立科学博物館の展示)Wikipediaより

LINEで送る