マルクス・トゥッリウス・キケロの名言 Marcus Tullius Cicero

マルクス・トゥッリウス・キケロ(Marcus Tullius Cicero)Wikipediaより

自然に従い起きるものはなんであれ、良きものとみなされるべきである。

マルクス・トゥッリウス・キケロ Marcus Tullius Cicero

古代ローマの政治家 文筆家 哲学者 紀元前106〜43


自然界で起こることは全て原因があっての結果です。
全てがエネルギーの共鳴で起こることです。

これを理解していけば、そこには人間の感情的な良し悪しはなく、全てが必然で必要なことしか起こらないことがわかります。

自分に起こる全ての現象が、自分が発したエネルギーが原因であることを真に理解できれば、全ての遭遇する現象が良いこと、最高のことだということにも気づけます。

今そこから一歩でも動く前に、この自然界の真理を理解してみてください。

そうすれば、これからの人生が大きく変わっていきますよ。

キケロさんのこんな名言もありました。

親切へのお返しほど守るべき義務はないものだ。

キケロの名言


命のあるところには希望がある。

キケロの名言


誰しも誤りはする。
しかしそれを主張し続けるのは愚か者だけだ。

キケロの名言


私は正義の戦争より、むしろ不正な平和を好む。

キケロの名言


哲学を学ぶことは死への準備をすることにほかならない。

キケロの名言


これまでに紹介したキケロさんの名言です。

(浜本哲治)

『アルキメデスの墓を発見したキケロと行政官』"Cicero and the magistrates discovering the tomb of Archimedes."アメリカ人画家ベンジャミン・ウエストによる1797年の作 Wikipediaより
『アルキメデスの墓を発見したキケロと行政官』"Cicero and the magistrates discovering the tomb of Archimedes."アメリカ人画家ベンジャミン・ウエストによる1797年の作 Wikipediaより

LINEで送る