松井 秀喜の名言 Hideki Matsui

松井 秀喜(Hideki Matsui)Wikipediaより

才能というのは努力しないと、全くないに等しい。

松井 秀喜 Hideki Matsui

プロ野球選手 1974〜


自然界の存在には必ず、その存在にしかない天才である天賦の才が授けられています。
しかしこの才能は磨くことなしに光り輝くことはありません。
まさにないに等しいことになってしまいます。

天才の定義に『何もしなくても発露する能力』というようなものがあるような気もしますが、天才である天賦の才であることに気づくために、一瞬の輝きを放つこともありますが、それも放っておいて輝き続けることはあり得ません。

進化を目指してチャレンジし続けてこそ、その輝きは保たれるものですね。

努力と言うと『歯を食いしばって、嫌なことに耐えて』というようなイメージもありますが、本来天賦の才を磨いていくことは嬉々としてできることですから、そうでなければ天賦の才であると勘違いしているのかもしれません。

どうぞあなたの素晴らしい天才である天賦の才をどこまでも深く磨き込んでいってください。
それが多くの人の幸せのために届いていけば、人間界も自然界もどんどん進化していきます。

あなたが嬉々としてチャレンジしていくことが愛を届け、幸せを届けることになりますよ。

松井 秀喜さんのこんな名言もありました。

数字を追っかけると本当に苦しい。

松井 秀喜の名言


一生懸命に練習すれば、必ずいい結果が出ると信じているんです。

松井 秀喜の名言


外国人選手のように肩が強くなければ、捕ったらすぐに投げればいい。
脚力が劣れば、スタートの第一歩をどうするかを考えたらいい。
自分は何で勝負出来るかを考えることによって、活路が見いだせるはずです。

松井 秀喜の名言


努力できることが才能である。
(父から贈られた言葉)

松井 秀喜の名言


その日その日のベストを尽くしていきたい。

松井 秀喜の名言


これまでに紹介した松井 秀喜さんの名言です。

(浜本哲治)

松井 秀喜の自筆サイン Wikipediaより
松井 秀喜の自筆サイン Wikipediaより

LINEで送る