ゴットホルト・エフライム・レッシングの名言 Gotthold Ephraim Lessing

ゴットホルト・エフライム・レッシング(Gotthold Ephraim Lessing)Wikipediaより

偶然という言葉は神を冒涜するものである。
太陽のもと何一つ偶然はない。

ゴットホルト・エフライム・レッシング Gotthold Ephraim Lessing

ドイツの詩人 劇作家 批評家 1729~1781


自然界で起こることは全て『必然』で『必要』で『最高』のことです。
この自然界での大原則を理解、体得しておかないと、自然界での人生が息苦しくなるでしょう。

現に遭遇した現象について、誰かや環境のせいにしている人があまりにも多くなっています。

全ての現象には原因があり、エネルギーの共鳴現象で起こっています。
自分に起こる現象は、全て自分自身が発したエネルギーの結果起こっていると考えてまず間違いありません。

このことを理解していけば、他人や環境、状況のせいにしてしまう無駄な時間を過ごさなくてよくなります。

自然界で生を受けるには理由があって、天賦の才である天才を授かり、自分にしかできない使命を帯びていますから、これも自分自身が持っている、放出しているエネルギーと言ってもいいでしょう。
その結果導かれるように様々な現象と遭遇します。

その出会いの真意を感じ取っていくことが重要にもなりますね。

どうぞ一切の無駄なく全ての現象と遭遇しているのだと認識して、それを愉しみ、その真意を掴み、そして使命を全うしていってください。

全てが最高のことだと実感できるだけで自然界での人生は最高のものになっていきますよ。

ゴットホルト・エフライム・レッシングさんのこんな名言もありました。

人間は誰でも自分自身を最も愛する。

ゴットホルト・エフライム・レッシングの名言


芸術家は人がその作品を見て、その作家を忘れる時にのみ真に賞賛される。

ゴットホルト・エフライム・レッシングの名言


いちばん性の悪い迷信は、自分の迷信をましなほうだと思うことである。

ゴットホルト・エフライム・レッシングの名言


鎖を噺弄する者がすべて自由とは限らない。

ゴットホルト・エフライム・レッシングの名言


「いちばん性の悪い動物の名は?」と王が賢者に尋ねたら、賢者曰く「荒っぽい奴では暴君、おとなしい奴ではおべっか使い」

ゴットホルト・エフライム・レッシングの名言


これまでに紹介したゴットホルト・エフライム・レッシングさんの名言です。

(浜本哲治)

ホーム、ヴォルフェンビュッテル Wikipediaより
ホーム、ヴォルフェンビュッテル Wikipediaより

LINEで送る