ゴットホルト・エフライム・レッシングの名言 Gotthold Ephraim Lessing

ゴットホルト・エフライム・レッシング(Gotthold Ephraim Lessing)Wikipediaより

思い定めた目標から目をそらさずにいる人は、それがどんなに遅々たる歩みであろうと、あてどなく踏み迷っている人より、なおつねに速い足取りで歩いているのである。

ゴットホルト・エフライム・レッシング Gotthold Ephraim Lessing

ドイツの詩人 劇作家 批評家 1729~1781


人間の成長、進化の速度は人それぞれです。
決して他人と比較するものではありません。

誰かと比較して優越感に浸っても、劣等感を持っても、まず才能を存分に引き出すことに繋がりません。

どこまでも自分の目指すものや理想を、自分の最高のチャレンジ速度で追い求めていくことです。

日々目の前を急ぎ足でせわしなく通り過ぎたり、追い越して行く人はいるでしょうが惑わされてはいけません。

無理をせず、歩みを止めることなく歩みを刻み続けることです。

しっかりと目指すものを見据えていれば、目の前の選択肢を選ぶにも明確になってきます。

もちろん自然のリズムなどのエネルギーの波の中にいますから、夢に一直線には向かえませんが、それでも紆余曲折しながらも目指すものがはっきりとしていれば、最短コースを選んでいくことになるでしょう。

目指すものがなければ、目の前の出来事などに流されて右往左往してしまいますから、忙しくなってしまい、歩みの速度は早くなるかもしれませんが迷走してしまって、本来目指すところに近づく速度は遅くなってしまいがちです。

日常生活の中では、行く先も目的も、到着時間も決めずに出かけることはあまりないでしょう。

これが人生や夢に関しては、決めずに歩き出しているケースは多いものです。

日常生活を考えても分かるように、大きなストレスを感じるか、漂流することになってしまいます。

どうぞ毎日刻む一歩一歩を、到着場所、時間、目的から逆算した一歩にしてください。

その一歩が着実に刻めていれば、それが夢への今の最速、最短の一歩です。

そしてその一歩を、あなたの中であなたの夢に向けて洗練させ、磨き込んでいってください。

周りにどう見えていようが、あなたの速度もアップして、夢への距離も確実に縮まっていきます。

そしてそして、何があっても夢から目を逸らさないことです。

目的地に行くことをあきらめない限り、歩みを止めない限り、必ず辿り着けますよ。

(浜本哲治)

ゴットホルト・エフライム・レッシングの署名 Wikipediaより
ゴットホルト・エフライム・レッシングの署名 Wikipediaより

LINEで送る