山川 静夫の名言 Shizuo Yamakawa

山川 静夫(Shizuo Yamakawa)Wikipediaより

画家として認められている人が、文章がうまい、ということがよくあるでしょう。

何かひとつのことで抜きんでると、ほかのこともよくなる。
自分の見方ができますからね。
話すことでも同じです。

そのためには、どんなことでもいい、これなら人に負けないというものを作ることです。
料理でも、俳句を作ることでも。

大切なのは長く続けること。
10年、20年と続けてゆけば、つかめるものがあるはずです。

山川 静夫 Shizuo Yamakawa

元NHKアナウンサー エッセイスト 1933~


好きなこと、得手を伸ばしていくことは、もちろんその得意分野を成長させることなのですが。

ひとつのことを伸ばしていくことで、その周辺のことも底上げされていきます。

ただこの効果を得るためには、この言葉にもあるように、そのことであれば誰にも負けない。と言うほどに抜きん出るまで、追求していく必要があります。

例えばアスリートであれば、その競技などで突出しようとすれば、ルールを知って楽しむだけでは決して抜きん出ることは出来ませんね。

高みを目指して追求していくためには、多くのことを学んでいかなければなりません。

競技種目に関する深い学びも必要ですが。

身体のメカニズムを知る必要もあるでしょう。
栄養のこと、心のことも知っておかなければなりませんね。

書物や文献、情報なども多く読んでいかなければなりません。

高みを目指せば目指すほど、深い学びが必要になります。

学ぶことなしに、どんな分野でも第一人者にはなれません。

専門分野を極めようとするほどに、広い分野の深い学びが必要になります。

子どもは「なぜ?どうして?」と好奇心の塊ですが。

興味を持ったことは、スポンジが水を吸うようにどんどん吸収して学びとなります。

ところが、本を読みなさい。勉強をしなさい。と学ぶことを強要していくから、学ぶことが嫌いになってしまうのですね。

本を読め、学べと言うよりは、好きなこと、興味のあることをとことん追求させた方が、本も読むでしょうし、学ぶことの愉しさを知るでしょう。

最近は老若男女問わず、本や文字を読まなくなったと言われますが、社会や教育の構造が、長所を伸ばす、天才を追求させる環境になっていないということでしょう。

天才を追求出来ていれば、自ずと本は読むことになりますからね。

また、高みを目指して深く深く探求していくと、必ず自然の摂理、真理に到達します。

どんなに狭い、限定された分野であっても、真理や自然の摂理を学べれば、それは普遍的なことですから、他のどの分野にも応用することが出来ます。

どんなことでもいいんです。
興味のあることをとことん、それこそ日本一、世界一を目指して追求していってください。

中途半端を目指しても深い学び、底上げにはなりません。

同じ結果や取り組みをもたらすことを、短所の矯正、苦手の克服という感覚と、必要性を感じて愉しむのとでは、時間的にも、効果にも雲泥の差をもたらすのは明らかですね。

好きなこと、興味のあることだからこそ、あなたの深い学び、夢の実現の最短距離の道を歩くことになります。

(浜本哲治)

LINEで送る