ヴィルヘルム・ミュラーの名言 Johann Ludwig Wilhelm Müller

ヴィルヘルム・ミュラー(Johann Ludwig Wilhelm Müller)Wikipediaより

機会を待て。
だがけっして時を待つな。

ヴィルヘルム・ミュラー Johann Ludwig Wilhelm Müller

ドイツの詩人 1794〜1827


あなたの夢の実現や天命を果たすためのチャンスは、あえてチャンスはないかと探さなくても、日常の中に度々訪れています。

あなたの心が思い描く夢や天命には運命によって導かれますから、あなたのいる場所に、あなたの目の前に現れます。

そして天の配剤という言葉通り、そのタイミングは一瞬も早過ぎず、遅過ぎず、最高のタイミングで通り過ぎていきます。

しかし、チャンスはチャンスですという顔をしてはいませんから、その多くは見逃されています。

人との出逢いであったり、出来事や情報、文字、言葉などの日常の何気ないことの中にチャンスの多くはあります。

チャンスを見逃さないためには、あなたの夢や天才を深く追求していくことですね。

例えば、いつも見聞きする情報も、今のあなたにはただの情報かもしれませんが、あなたの夢や天才についてより深い知識や広い視野が持てれば、同じ情報が宝物になる可能性があります。

たまに「チャンスがないから」「チャンスが来たら」という言葉を耳にしますが、チャンスはないのではなく気づかないだけのことが多いです。

そしてチャンスはいつか来るものではなく、いつもそこにあるもの、いつも通り過ぎているものですから、今のままで気づくチャンスをただ待っているのでは、それはいつになるか分かりません。

多くのチャンスが見えるように、一刻も早く出会うように、常にあなたの夢や天才を深く追求すること、磨き込むことに時間は使うべきでしょう。

チャンスが大きく、多く広がっていくのも、成功曲線のように限界点、閾値を超えた瞬間に急激に見えてくるものです。

どうぞ寸暇を惜しんで、あなたの夢、天才の追求、研磨に勤しんでください。

チャンスがより多く、可能性がより大きく広がることで、あなたの夢の実現が早くなるのは間違いのないことです。

チャンスは常にそこにあります。

どうぞ多くのチャンスに気づき、その一瞬を逃さないようにあなた自身を磨き込んでください。

そのチャレンジに運命は応えてくれますよ。

これまでに紹介したヴィルヘルム・ミュラーさんの言葉です。

(浜本哲治)

デッサウのミュラーの墓 Wikipediaより
デッサウのミュラーの墓 Wikipediaより

LINEで送る