ジェームス 三木の名言 James Miki

ジェームス 三木(James Miki)

私たちの目的はやはり、愛とか信頼、あるいは楽しみとか、安らぎとか、生きがいとか、こういうことだ。
これが目的で、そのために政治や経済、学問、健康があるということではないか。
この目的と手段の関係を洗いなおすことが、今重要だと思う。
どうも私たちは、若い人たちに手段ばかり教えて、目的を教えていないのではないか。

ジェームス 三木 James Miki

脚本家・作家 1935~


今人間界や日本が疲弊している大きな原因のひとつに、目的と手段を間違えていることがあるでしょう。

手段を目的にしてしまうと、毎日がつまらないものになって、どんどん心が疲れてきますから、社会が疲弊しても当たり前でしょうね。

例えば、私がお手伝いしている健康づくりやダイエットなどでも、ダイエットすることを目的にすると、まず成功することはありません。

私はコンサルティングでお手伝いする時には、必ずダイエットをする目的を聴きます。

もちろん目標とするボディサイズなども聴いて、毎日報告していただきますが。

その数値だけを目指していると簡単に諦めてしまえますし、手段のための手段は帳尻合わせなどで本質を見誤ることにもなっていきます。

これは、私たちの生活や仕事のあらゆる場面で起こっていますね。

お金を稼ぐことが目的になっていたり、大学や会社に入ることが目標になっていたり。
夢が我欲を満たすだけのものになっていたり。

もっと言えば、それぞれに人格があり、その個々の使命や目的が尊重されるべき人間が、手段としてだけ使われているような、そんな状況さえありますね。

売上や利益を挙げるためだけに企業や組織があると、その目的のためであれば手段を選ばなくなって当然ですね。

個人でもそうですが、そこに生きがいなどを見出すことは難しいことでしょう。

私たちがこの世に生を受けて与えられた使命、天命は、世のため人のために授けられた天賦の才、天才を存分に発揮して役立って、自然界や人類を進化させることです。

多くの人に喜んでもらい、世のために必要なものを届ければ、例えばお金などは必要なだけ与えられることになります。

本来、お金をいただけるから、知識を得られるから喜びを感じるのではなく、誰かの役に立つから嬉しいのです。

やりがいや生きがい、幸せを感じられるのは、そういう時ですね。

学ぶだけ、会社に入るだけ、お金を貯めるだけでは、またそのことだけを目的にしては、本当の喜びを感じることはありませんね。

手段は過程にしてしまうことです。
誰かの役に立つ、ひとりでも多くの人の役に立つ。

あなたの天才で出来るそういうことを夢なり目的に据えて、そこを目指し天才を磨いていけば、手段であるものは自ずとついてくるものですね。

またもし、あなたが誰かに利用されているだけ。
だということが分かったとしたら嫌なものですね。

人も自然界の植物たちも、必ずそれぞれに夢や目的があります。

運命の出会いや、最高のコラボは、それぞれの夢が合致した時に現実になっていくものです。

どちらかが利用するだけ、頼るだけでは、これは生まれてきませんね。

また、あなたの天才が遺憾なく、惜しみなく発揮されていないとチャンスも訪れません。

チャンスがあれば、天才を発揮する。
与えられれば、届ける。
では、たぶん永遠にその時はやって来ないでしょうね。

どうぞ、あなたの夢が手段を目指ことになっていないか。
常にチェックしてください。

そして、手段を過程にしてしまえるように、あなたの天才がひとりでも多くの人の幸せに繋がることを、夢として目指してください!

愛は届けた人に与えられる。
ですから、届けることが先ですね。

惜しみなくあなたの天才を、愛をたくさん届けてください。

一人でも多くの人が本当の夢にチャレンジしていくようになれば、人間界も大きく変わっていきますね。

(浜本哲治)

LINEで送る