寺田 寅彦の名言 Torahiko Terada

寺田 寅彦(Torahiko Terada)Wikipediaより

科学者になるには自然を恋人としなければならない。
自然はやはりその恋人にのみ真心を打ち明けるものである。

寺田 寅彦 Torahiko Terada

物理学者 随筆家 俳人 1878〜1935


「天災は忘れた頃にやってくる。」も寺田寅彦さんの言葉だと言われています。

科学者の寺田寅彦さんの名言には、自然に触れた言葉が多いですが。

この名言は、科学者にだけ言えることではないでしょう。

科学は、もちろん自然を追求していくことそのものですから、自然を知ること、親しむことは必須の要件ですが。

どんな分野であっても、仕事であれ、生活であれ、自然から切り離されたものはなく。

すべて自然の中で、自然のルールの中で行なわれているものです。

どうも人間は、機械やコンクリート、化学物質の中で生活していると、科学と自然は別物であるような錯覚をしているのかもしれませんね。

この感覚が、人間がストレスや苦悩を抱えることになる大きな要因でしょうね。

あらゆる分野で事を成した人々が、異口同音に自然に学ぶことを言っているのは、どんなことでも突き詰めていくと、自然に自然のルール、摂理に辿り着くからです。

例えば、人間の心も身体も自然の産物です。

これは私の専門分野ですが、この心と身体の健康を追求していくと、自然のままにすることが究極の健康になる方法です。

自然のままのものを食べる。
自然なままの環境、状態にする。などですね。

これを、薬や人工的なもの、自然のことが分かっていない人のアドバイスなどで、なんとかしようとしても根本的な問題の解決にはなりません。

あなたがチャレンジしている夢の分野が何であれ、そのこと自体も深く追求していけば、必ず自然に辿り着きます。

また必ず、自然の産物である人間の心と身体が、あなた自身を含め関わることになりますから。

このことだけでも、自然と深い関係にあることになりますね。

人間の心も、それぞれの個性はありますが、根本的には自然の摂理の中で働いているものです。

自然の基本ルールをしっかりと把握していれば、自分も含め人の心で悩むことはなくなります。

自然の摂理を学んでいれば、夢の実現も含め、ほとんどの悩みから開放されるでしょう。

それほどに自然を学ぶことは、人間にとって大きな意味があるのですが。

それを学ぼうとしない人間があまりにも多いために、こんな人間界になっているのでしょうね。

自然のこと、自然のルールは、自然のままの自然に学ぶのがいちばんです。

ただ遠くから眺めるだけ、触れるだけでも、人間より遥かにエネルギーレベルの高い自然の植物たちは、エネルギーの乱れた人間のチューニングはしてくれますが、これだけでは学べませんね。

やはりこの言葉にもあるように、恋人のように片時も離れられないくらい、全てを知りたいと思うくらい愛していかないと、その本質は感じられないでしょう。

どんなことでも同じように、知識を持っているだけでは意味がありません。

肌で感じて、自分のものにして、習慣になるほどに取り入れて始めて、学びの意味があります。

どうぞ、あなたの夢を最短距離、最短時間で実現するために、また悩みの多くを手放すためにも、自然のルール、自然の摂理を学んでください。

間違いなく、他のどんな知識や技術を学び、修得することより、優先順位の高いものでしょう。

自然の摂理を体得した上で、あなたの知識や技術が本当に活きてくることになりますね。

これまでに紹介した、寺田寅彦さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る