ウィリアム・アーネスト・ヘンリーの名言 William Ernest Henley

ウィリアム・アーネスト・ヘンリー(William Ernest Henley)Wikipediaより

インビクタス-負けざる者たち-

私を覆う漆黒の夜
鉄格子にひそむ奈落の闇
私はあらゆる神に感謝する
我が魂が征服されぬことを

無惨な状況においてさえ
私はひるみも叫びもしなかった
運命に打ちのめされ
血を流しても
決して屈服はしない

激しい怒りと涙の彼方に
恐ろしい死が浮かび上がる
だが、長きにわたる脅しを受けてなお
私は何ひとつ恐れはしない

門がいかに狭かろうと
いかなる罰に苦しめられようと
私が我が運命の支配者
私が我が魂の指揮官なのだ

ウィリアム・アーネスト・ヘンリー William Ernest Henley

イギリスの詩人 1849〜1903


南アフリカの元大統領のネルソン・マンデラさんが、27年間の投獄生活の中で心の支えにした詩だと言われています。

人生は色んなことが起こります。

道を閉ざされたり、絶望的な状況に感じられることもあるでしょう。

しかし諦めない限り必ず道は残されています。

また現代の悩みの多くは、自分自身で自分の自由を、また人の自由を縛ることで起こっています。

自由であるはずのあなた自身の心を、小さな価値観や小さな世界の中に閉じ込めていませんか?

どんなに自由であっても、自分自身で閉じ込めていては、希望も可能性も見えてきません。

あなた自身やあなたの天賦の才、天才に自信を持ったり可能性を感じるためには、あなたの世界を広げていくチャレンジなしには得られません。

アスリートが毎日毎日限界までチャレンジしているのは、自信があるからではなく自信を得たいからです。

そのために自分の心と身体の限界を超えようとしています。

あなたらしさや、あなたの天才を必要とする人は必ず2割はいます。

あなたの夢を実現するためには、多くの人の幸せを実現していくことです。

どれだけの人に、あなたを伝えていくチャレンジをしていますか?

10人、100人ほどに伝えて誰にも受け入れてもらえない、自分には才能がない。なんて感じていませんか?

日本人が1億人の人口として、あなたを認めてくれる人は、あなたを愛してくれる人は2000万人はいることになります。

2000万人いるあなたを必要とする人、一人ひとりに出会っていくことで、自信やあなたの可能性を感じることになっていきます。

あなたの天才磨きも同じです。
昨日までのあなた自身を超えるチャレンジが出来たかどうか。

このチャレンジなしには自信が芽生えてくることもありません。

まさに支配者、指揮官である、あなた自身との闘いですね。

物理的に束縛されていない私たちの拘束は、私たち自身の心だけです。

どうぞ小さな世界に縛られることなく、心を自由に開放してあげてください。

そこから自信と信念が芽生え、状況を突破していく活力が生まれてきます。

これまでに紹介したウィリアム・アーネスト・ヘンリーさんの名言です。

(浜本哲治)

William Ernest Henley Wikipediaより
William Ernest Henley Wikipediaより

LINEで送る