老子の名言 ろうし Laozi

老子(ろうし Laozi)Wikipediaより

上善は水の如し。
水は善く万物を利して争わず。
衆人の悪む(にくむ)所に処る(おる)。
故に道に幾し(ちかし)。

老子 ろうし Laozi

中国春秋時代の思想家 紀元前5世紀頃


「理想的な生き方は水のようなものである。水は万物に恩恵を与えながら、争わず、人の嫌がるところにも流れていく。だから「道」の在りように近いのである。」

というような意味でしょうか。

まさに水の存在の仕方には、目指すべき理想の生き方や多くのことを学べます。
植物たちは、この水に近い生き様をしていると言えるでしょう。

自然界で一番遠い生き方をしているのが人間かもしれませんね。

我欲や争いは、そろそろ人間界も終焉にしていかなければ、自然界で淘汰される存在にもなりかねません。

水のように生きていくことは、自然界で生きる者としては決して難しいことではないでしょう。

それよりも、我欲や排除を手放した生き方は快適でさえあるでしょう。

それでは生きていけない。自分を守れない。という思い込みに囚われているだけかもしれませんね。

自分一人がそういう生き方をしても。。。
世の中が変わらなければ、そんな生き方は出来ない。。。
たぶん多くの人がそう思っているのでしょう。

しかし世の中は、そこに存在している一人ひとりの思いや行動の投影であって、自然の摂理からいくと、2割の人々が変われば全体が変わっていきます。

またあなたを一気に変えようとしなくても、あなたの中でこういう思いや行動が2割を占めるようになれば、自然に変わっていけるものですし、水のように生きることが素晴らしいことだということも体感できるでしょう。

水のようにと言っても、いろんな学び、実践する面がありますが、争わないようになるには水のように人や出来事を受け入れることでしょう。

水はどんなものでも受け入れますが、自分自身を変えているわけではありません。
あなたが受け入れることは、あなたを変えることではありません。

心に入れずに受け入れる。

これにはしっかりとした自分自身の夢や志を持っている必要がありますが、この水の感覚で出来事や人を受け入れられるようになると、多くのストレスや感情の囚われから開放されることになります。

どうぞ大欲、大志を持って、あなたに与えられた天賦の才、天才を世のため、多くの人のために活用していってください。

夢の持ち方、愛の届け方で、水のような生き方は植物たちのように実践できることです。

(浜本哲治)

老子誕生の図 Wikipediaより
老子誕生の図 Wikipediaより

LINEで送る