ヨハン・クライフの名言 Johan Cruijff

ヨハン・クライフ(Johan Cruijff)Wikipediaより

「あなたは年寄りだから、ダメだ。」と言われると、私はこう答える。
「それを決めるのは、あなたじゃなくて、私だ。」

ヨハン・クライフ Johan Cruijff

オランダサッカー指導者・欧州年間最優秀選手賞(バロンドール)3度受賞 1947〜


こういう言葉で、どれだけの人の可能性が摘み取られたでしょうね。

最近でこそ日本のアスリートも長命な方が出てきていますが、日本のアスリートが短命である大きな要因のひとつでしょう。

もちろん基本的な能力は、年齢とともに落ちてきますが、多くのアスリートが引退するいちばんの要因は心です。

心が折れなければ、筋力などはトレーニング方法次第でかなりの年齢まで維持できます。

アスリートの心を育む環境が、日本はまだまだ稚拙です。

これはアスリートに限らず、あらゆる分野に言えることでしょうし、年齢に限らず、性別などでも一律に考えてしまう傾向にあります。

特に身近な人の影響は大きいですし、言葉にしなくても態度や環境で思いは伝わってしまいます。

チャレンジを応援する環境、自らのチャレンジで率先垂範する環境、失敗や過ち、価値観を認める環境等々、自然を愛でる特性や環境にある日本人こそが、自然から学んで構築したい環境ですね。

世の中はそういう環境ではありますが、最終的には自分の意志、心です。

どんな環境であろうと、道を切り拓いている人たちは現に存在しますから、あなたが諦めない限り可能性がなくなることはありません。

例え親であっても、あなたの代わりにあなたの人生を歩むことは出来ませんから、他人の言葉や環境で、自ら限界を創ってしまうのはもったいないことです。

◯◯だからダメ。◯◯だから無理。

ではなく。

◯◯だから出来る。◯◯でも出来る方法は。と本当にやりたいことであれば、枠を突破する発想が大切です。

そしてあなたが納得するまで、とことん追求していってください。

「あの時、こうしていれば。。。」のあの時は二度と戻ってきませんからね。

アスリートなどには自分の人生以外にも寿命があります。

人生においてもチャンスはいくらでもありますが、今この時に目の前を通り過ぎるチャンスは二度と来ません。

同じようなチャンスはあっても、時間や年齢は容赦なく過ぎていきますからね。

今出来ることは、今しか出来ない可能性もあります。

あなたの心には嘘はつけませんから、心が感じていることはチャレンジした方がいいでしょう。

上手くいかない後悔は大したものではありません。
やりたいと心が感じているのに、チャレンジしなかった後悔は確実に残っていきます。

どうぞ他人に決められる人生ではなく、あなたが決める人生を生きてください。

そして、私が決める!と胸を張って言える、自信と誇りを持てる夢にチャレンジしていってください。

あなたにしか信じてあげられない、あなた自身の可能性をどこまでも信じてあげてください。

あなたに与えられた天賦の才が、必ず応えてくれますよ。

(浜本哲治)

クライフが育ったベトンドルプの街並み Wikipediaより
クライフが育ったベトンドルプの街並み Wikipediaより

LINEで送る