鈴木 敏文の名言 Toshifumi Suzuki

鈴木 敏文(Toshifumi Suzuki)Amazonより

人間は一方で何かにしがみつきながら、もう一方で新しいことに挑戦することはできません。
自分では一歩踏み出したつもりでも、思うように前に進まない人は、無意識のうちに何かにしがみついているのかもしれません。

鈴木 敏文 Toshifumi Suzuki

セブン-イレブン・ジャパン創設者 1932〜


人間の脳の思考構造は、その一瞬にはひとつのことにしか思考を向けられません。

この特性は最大限に活用すべきでしょう。

ひとつにしか意識を向けられないのであれば、いちばん大切なことひとつに意識、エネルギーを集中する時間を長くしていけばいいですね。

現代社会は、色んな情報がどんどんあちこちから飛び込んできますから、ひとつのことに集中しづらい環境にありますが。

これは自分自身でコントロール出来ますね。

今の人間社会は、いかに情報をたくさん取り込むかというより、いかに余計なことに気を散らさないように情報を絞り込んでいくかも大切ですね。

毎日やるべきことも、ひとつひとつに集中してこなしていくことですね。

ひとつにしか集中できない人間ですから、ふたつのことを同時にやりはじめると、それぞれに注がれるエネルギーは半分になります。

これでは時間もかかってしまいますし、結果も思わしくなくて当然ですね。

夢の実現に関しても同じですね。

今年の年初には、今年実現する夢はひとつに絞りましたね!
またはいくつかある夢は、一本の道の上に時間の奥行きを持たせて、ひとつひとつ順番に実現するように目標設定していますね。

ひとつにしかエネルギーを注げない人間ですから、ひとつひとつ実現していくのが最も効率的な実現方法です。

そして、ターゲットを絞ってエネルギーを集中させた時の、人間のエネルギーも素晴らしいものがあります。

ひとつのことを、1年の間ずっと見つめ、チャレンジし続けて実現に向けて動き出さない、近づいて来ない夢はないでしょう。

人間は集中力も、持続力も長続きしませんし、時間にも限りがありますから。

ひとつひとつに集中して、最短距離で、最速時間で夢は実現して行くべきでしょう。

リスクは避けたいものですが、この人間の特性もあって、何かにしがみつきながら新しいことをやることは、リスクヘッジをしたつもりが、大きなリスクを抱えることになっているケースも多いものですね。

このやり方では、なかなか夢の実現は近づいてきませんね。

ひとつのことに集中する環境づくり。
心の中での整理と決意。
これも大切な要因ですね。

何が、今集中すべき一番大切なことか。
常に意識してチャレンジしていきたいですね。

あなたの集中されたエネルギーには、とんでもない威力があります。

どうぞそのエネルギーが分散することなく、また余すところなく、ひとつひとつに集中させて、素敵な夢をひとつずつ実現していってください!

(浜本哲治)

LINEで送る