野茂 英雄の名言 Hideo Nomo

野茂 英雄(Hideo Nomo)Wikipediaより

お客さんに喜んでもらってお金を稼ぐのがプロ。
自分も楽しくやって、見ている人を魅了して、夢を与えられるようになりたい。

野茂 英雄 Hideo Nomo

元プロ野球選手 元メジャーリーガー 1968~


プロとして、目指していきたい姿ですね!

大切な要素がすべて盛り込まれている言葉でしょう。

とかく、与えられるものが先にきて、届けるものが後になりがちですが。

まずは、愛、感動を届けること。
その結果として、与えられる。

これは自然界の大原則ですが、何かにチャレンジしていく時も、まず与えられるものから考えてしまうケースが多くなっています。

そして与えられないことは、届けていないか、届けているものの感動のレベルが低いかの問題なのですが、いかに与えられるようにしようかと策を弄することが横行しています。

これでは、組織も個人も夢の実現はなかなか難しいですね。

また、自分も愉しむこと。
これなしには永続的に感動を届けることは出来ませんから、当然与えられるものもなくなります。

夢へのチャレンジ、プロとして仕事は「楽」なことはありませんが、それを心底「愉しんで」いなければ間違いなく行き詰まってしまいます。

どれほどの感動を届けられるか。
まさに、天賦の才、得意なことを磨き込んでいくことですね。

これまでの大きな組織がやっていたように、あれもこれもをやっていくことでは、深い感動を届けられないことは、個人や小さな組織ではもちろんのことですが。

すでに大きな組織もそれでは立ち行かなくなっていますね。

深い感動を届けられないと、大きい小さいは関係なく淘汰されることになっていきますね。

そしてこれも大きなキーワードですが、未来に対する夢を届けること。

子どもたちに、その後ろ姿で夢を届けることは、アスリートだけでなく全ての大人の仕事、チャレンジに共通したことですが。

さらにその先の未来の子どもたちに、夢を持てる、夢を実現していける地球、自然を残していけるか。

これからは特に重要なことですね。

今の子ども世代にはもちろん、夢を持つことの素晴らしさ、夢はこうやって実現していくものという姿を見せてあげて、人生、世の中はこんなにも素晴らしいということを伝えてあげるのが私たちの大切な役割ですが。

100年後の私たちの世代や子どもたちにも、今より素晴らしい世界を残していくことは、今を生かさせてもらっている私たちの大切な使命でしょう。

今を生きるだけでなく未来をも生かす、プロを目指していきたいですね!

未来を生かすプロになることも、今を充実して生きることに繋がっていくのが自然界ですね。

これまでに紹介した、野茂英雄さんの言葉です。

(浜本哲治)

タンパベイ・デビルレイズ時代(2005年)Wikipediaより
タンパベイ・デビルレイズ時代(2005年)Wikipediaより

LINEで送る