森山 良子の名言 Ryoko Moriyama

森山 良子(Ryoko Moriyama)Amazonより

小さいうれしいことをふくらませていこう。

森山 良子 Ryoko Moriyama

シンガーソングライター 1948~


初めはシンプルに一本の幹でスタートしたことも、時間の経過とともに色んな方向に枝が伸びていきます。

ただ自然の木々たちの様子を見ていても分かることですが。
枝は主幹を大きく強くするためのもので、エネルギーを分散させるものではなく、エネルギーを集めるためのものです。

役目を終えた枝や妨げになる枝は、自ら落としますし、主幹に吸収されてもいきます。

主になる幹を育てずに枝ばかりを伸ばしていっても、すぐに限界が見えてきます。
その枝のおかげで、主幹が折れてしまうこともあります。

これは組織にも言えることですが、特に個人の場合は時間もエネルギーも限られていますから。

まずは、主幹を育てること。
そして、常に主幹を育てるために。
を考えていくことでしょう。

主幹を太く、大きく、しなやかに育てていけば、自然と立派な枝も育っていきます。

常に主幹を育てる観点を持っていれば、必要のない枝は自ずと見えてきます。

またあなたの主軸、あなたらしさを最大に表現できることにエネルギーを集中させていれば、必要のないものは自然に削ぎ落とされていきます。

森山良子さんは、こんなこともおっしゃっています。

ステージに立った瞬間、ああ、音楽があって初めて私は生かされているのだ、と気づいたんです。
それ以降、どんなことがあっても、歌をやめないと決めました。


生涯を賭けて育てるあなたの主幹を、どうぞ大切に、大きく強く育ててください。

(浜本哲治)

LINEで送る