伊藤 博文の名言 Hirobumi Ito

伊藤 博文(Hirobumi Ito)Wikipediaより

大いに屈する人を恐れよ、いかに剛にみゆるとも、言動に余裕と味のない人は大事をなすにたらぬ。

伊藤 博文 Hirobumi Ito

初代内閣総理大臣 1841〜1909


非や負けを認めること、また、全力を賭けてやってきたことで、後退したり、撤退することは勇気のいることですね。

ただ最善の一手が、止めることである場合に英断を下して、次の道を探ることは、組織のリーダーとしても、自分自身のリーダーとしても必要な局面があります。

人間は内面に不安を抱えていると、外面を取り繕うことを始めたり、無理をすることになります。

自分に自信のない人ほど、攻撃的であったり、強く見せようとしたり、内容に自信がないほど、中身を隠したり、体裁を華美にすることだけで、PRするような現象になって現れてきます。

無理ではないチャレンジをしている人、目指すもののために、撤退、後退している人は余裕を持っています。

無理は出来るだけしないことです。
無理をし始めると、途端に余裕がなくなります。

余裕がなくなると思考も感性も働きませんので、可能性がどんどん狭くなっていきます。

無理は続けられないこと。
チャレンジは出来る範囲で限りを尽くすことです。

無理をしなければならない状態は、本来目指すべき夢を見失っているか、目の前の利益しか考えていない状態でしょう。

無理に遭遇した時は、あなたの当たり前やチャレンジの範疇にしていく、目安が出来たと考えればいいですね。

あなたの志とも言える夢を実現するには、当たり前のレベル、チャレンジのレベルをひたすら高めていくことです。

レベルに応じたチャンスは必ず巡ってきます。

無理をして健康を損なったりしては、それまでに積み重ねたチャレンジも水の泡になってしまいますからね。

あなたの才能は育て方ひとつで、無理ではなくチャレンジで、どこまでも可能性を広げてくれます。

(浜本哲治)

伊藤博文の花押 Wikipediaより
伊藤博文の花押 Wikipediaより

LINEで送る