司馬 遼太郎の名言 Ryotaro Shiba

司馬 遼太郎(Ryotaro Shiba)Wikipediaより

人間にとって、その人生は作品である。

司馬 遼太郎 Ryotaro Shiba

小説家 1923~1996


あなたは、どん作品をイメージしているでしょう?
どんな作品づくりにチャレンジしていますか?

人生をひとつの作品づくりと考えると、なんだかワクワクしてきますね。

もちろん作品をつくりあげるには、どんなものを創るかが分かっていなければ、その作品づくりは遅々として進みません。

日々起こる出来事や人との出会いも、全てが作品の一部になります。

ただ、あまたある世の中の現象が全て、あなたの作品に関係あるとは限りません。

作品のイメージが出来ていないと、あまり関係のないことに長い時間心奪われて、時間制限のある人生でその作品をつくる時間が減っていきます。

また、あなたの言動によって出来事や人との出会いも変わってきますし、その出会いの真意はあなたの作品づくりに意味のあることですが。
作品のイメージが鮮明でないと、その真意も汲み取れない可能性がありますね。

まず何よりも明確な夢が大切なことは、全ての言動や感じることに影響を与えることになるからです。

プラモデルやジグソーパズルの部品やピースを袋の中に入れて、振り回しているだけでは決して出来上がることはありません。

当たり前のことですが、そういう毎日になっている人は本当に多いものですね。

あなたの作品を創り上げていく環境という、必要な部品やピースは自然が全て用意しています。

その中から必要なものを選んで、作品に仕上げていくのがあなたの役割ですね。

どんな作品イメージを抱くのも自由です。

どんな作品にしたいかは本当は心が知っていますが、今それが分からなくても大丈夫です。

また、花が咲かせる花が決まっているように、あなたがこの世に生を受けて果たすべき役割も決まっていますが。
それも分からなくて問題ありません。

今あなたがイメージ出来る夢を、鮮明に描いて、それを仕上げるためのチャレンジをスタートさせることです。続けていくことです。

そういうチャレンジを続けていれば、必ず本来の作品が見えてきます。

生涯をかけて創り上げるあなたの作品。
どんな作品になるのか楽しみですね!

(浜本哲治)

LINEで送る