アルフレッド・アドラーの名言 Alfred Adler

アルフレッド・アドラー(Alfred Adler)Wikipediaより

憂鬱?
この処方の通りにしたら、きっと二週間で全快しますよ。
それは、どうしたら他人を喜ばすことができるかということを毎日考えてみることです。
不幸に陥る人は、自分のことだけを考えている人です。

アルフレッド・アドラー Alfred Adler

オーストリア生まれの心理学者 医師 1870~1937


これは、夢を実現するためや能力の開発、心の苦しみや痛みを取り去っていく秘訣ですね。

何れの場合も、自分が誰かのために何ができるのか。
ということを考えていくことなのですが。

夢の実現は本来の夢を設定できていれば、そのまま誰かや、多くの人の幸せを届けることですね。

夢が過程や手段、与えられることを目指すようになると、なかなか実現に進んでいきません。

能力の開発も、夢の実現に繋がることですから、いかに誰かに役立つ能力に磨いていくかですね。

自己満足を目指していると、これも夢の実現に向かわせるような能力にレベルアップしていきませんね。

心の苦しみや痛みも、どうしてもそれを受けた自分の心に閉じこもったり、受けた要因になったことに引きずられてしまいがちですが。

自分が最も学べるのは、誰かに教えてあげることだと言われるように、自分のこととして考えていると思考領域も狭くなってしまいますが、誰かの悩みなどには客観的な視野を持てて、アドバイス出来るのが人間ですね。

そうしていくことで、自ら気づきを得ます。

夢の実現も、能力の開発も、心の苦しみや痛みを取り除くことも、ただ待っているだけで誰かが届けてくれたり取り除いてくれるものではありませんね。

どういう夢を目指すか。出来事をどう捉えるか。
あなたの思考や心が変わっていかないと状況は前に進んでいきません。

人間は、自分のためより誰かのためにと脳を使っていった方が、その能力を発揮していきます。

どうぞあなたの中に、大きな変化、進化を起こしていく思い、行動にチャレンジしてください!

少し視点を変えて思いやチャレンジが変わると、劇的な変化を起こす可能性がありますよ。

(浜本哲治)

講演の合間に怪我をした少女の手に包帯を巻くアドラー Wikipediaより
講演の合間に怪我をした少女の手に包帯を巻くアドラー Wikipediaより

LINEで送る