本多 静六の名言 Seiroku Honda

本多 静六(Seiroku Honda)Wikipediaより

人生最大の幸福は、その職業の道楽化にある。
富も名誉も美衣美食も、職業道楽の愉快さには遠く及ばない。

本多 静六 Seiroku Honda

林学博士 造園家 日本の「公園の父」1866〜1952


人間は、好きなこと興味のあることは、どこまでも好奇心を持って追求したくなるものです。

そしてどんなことでも、極められるものはなく奥深いものです。

深く追求していくほどに、その面白さが増していきます。
世界もどんどん広がっていきます。

どんなことでも中途半端にしていると、本当の面白さやダイナミズムを感じられることもなく、そもそも本当のプロにはなれないでしょう。

仕事も中途半端では、収入は得ていてもプロとは言えないでしょう。
趣味も中途半端ではプロにはなれませんね。

また、夢の実現などもそうですし、趣味などもそうですが、本来楽しみや幸せを感じられるのはその過程が大半です。

結果ももちろん楽しみではありますが、圧倒的に楽しいのは、なかなか思うようにはならないことも含めて結果に辿り着くまでの過程が楽しいものです。

せっかくの仕事を、結果を得るためだけのものにしていては本当にもったいないことですね。

一方で、趣味を仕事にしていくことも出来るでしょう。
才能の発揮や、好奇心が旺盛な趣味をとことん追求して、多くの人の幸せに繋げられれば、趣味を仕事にすることにも出来ます。

仕事を趣味にしたり、趣味を仕事にしていくには、やはり人生の夢を明確にして、その中で仕事や趣味をどう結びつけていくかでしょう。

仕事を趣味のように楽しめない、趣味を仕事に出来ないのは、いずれもとことん追求していく意志がないことの現れでしょう。

仕事と趣味が一体化してどこまでも追求していけば、この言葉通り最高の幸せを感じられるようになります。

愛を届けることが趣味になるわけですから、こんなに楽しいことはありませんね。

愛をたくさん届ければ、自然界の法則で愛は循環していきます。

本来自然界では分離している方が不自然です。

どうぞ仕事と趣味を一致させて、人生の醍醐味を存分にお愉しみください!

(浜本哲治)

首かけイチョウ(日比谷公園)Wikipediaより
首かけイチョウ(日比谷公園)Wikipediaより

LINEで送る