モーリス・メーテルリンクの名言 Maurice Maeterlinck

モーリス・メーテルリンク(Maurice Maeterlinck)Wikipediaより

幸せと不幸の違いっていうのは、その人が人生を楽しんで見ているか、敵意を抱いて見ているかの違いでしかない。

モーリス・メーテルリンク Maurice Maeterlinck

ベルギーの詩人・劇作家・随筆家・ノーベル文学賞 1862〜1949


人生は、ほんの少しの見方の違いで、
大きく変わってきます。

本当に少しだけ変えるだけで、
大きな変化が起こるものです。

大きく自分を変えようとすると、
なかなか上手くいきません。

人間はあら探しや、ネガティブな材料を、
見つけるのが上手いと言われますが。

これは、ごく自然なことです。

自然の法則である、20:80の法則を思い出してください。
https://meigen.pt-hamamoto.biz/index.php?256

この法則は、色んな場面で当てはまりますが、
自分が、嬉しい、心地良いと感じる出来事は、
全体の2割程度です。

残りの8割は、嬉しいこと、心地良いことでは、
ないことと遭遇するわけですから、
どうしても、そういうことが目につきがちです。

あなたが、あの人はいつも笑顔だな。
いつも前向きだな。
と感じている人も、
全ての時間を、そう出来ている訳ではありません。

全体の2割の時間を笑顔でいる人は、
いつも笑顔の人になってしまいます。

10回のチャレンジをして、
上手くいくのは2回程度でしょう。

10人の人にあなたの愛を精一杯届けても、
届くのは、せいぜい2人の人ですね。

もちろん、精一杯やることが前提ですが、
全てが上手くいくことはありません。

2割の時間を、心からの笑顔でいられたり、
前向きでいられる人と、
そこまで辿り着けない人との差は、
意識的であれ、無意識であれ、
2割の宝探しが出来ているか、
そうしようとしているかの差でしょう。

嬉しい出来事の中にも、
探せば、心配の種子はあります。

逆にどんなに辛いことの中にも、
見つけようとすれば、
自分にとってプラスの材料はあります。

ひとつの出来事の中から、
何を探し出せるか、見つけようとするかですね。

これを習慣に出来るかどうかが、
大きなポイントですね。

一気に全てを前向きに捉えたり、
全ての時間を笑顔にしようとすれば、
それは、本当に難しいことにチャレンジしようと、
していることになります。

昨日までは、嫌なこととしか
捉えられなかったことの中から、
ひとつでも、プラスの材料、笑顔の種子を、
見つけられたら、大きな進化です。

1割の時間、2割の時間の差は、
小さいように感じられますが、
野球選手の、2割打者と3割打者が、
大きな違いがあるように、
小さな、心の笑顔の時間が、
環境に与える影響は、本当に大きいものです。

どうぞ、あなたの心が幸せを感じられる、
数少ない、笑顔の種子を宝探ししてください。

この宝探しが習慣になっていけば、
いつの間にか、いつも笑顔、いつも前向きな、
あなたに変身していますね。

いつの間にか、人生楽しいことばかりに、
環境も含めてなっていきますよ。

(浜本哲治)

メーテルリンクの署名。Wikipediaより
メーテルリンクの署名。Wikipediaより

LINEで送る