森 毅の名言 Tsuyoshi Mori

森 毅(Tsuyoshi Mori)Amazonより

人生20年。
単純に言えば体の物質も頭の配線も、20年もすればすっかり変わるんやから、20年前のオレは、あれは赤の他人やと思えと。

人生は20年ずつやったら、80年でも4回あるやないの。
4回あったら1回やそこらどうなろうと、まだ次があるやないのという、何かそういうノリね。

森 毅 Tsuyoshi Mori

数学者 評論家 京都大学名誉教授 1928~2010


人生20年と考えたら、2013年時点で私は3回目のど真ん中でした。

20年の時間があれば、ひとつのことをそれなり追求していくことは出来るでしょう。

ただ過去を振り返ってみても、絶え間なく刻まれる時間の中では、あっと言う間に過ぎ去っていきます。

また人間は期限を設けることで集中力が増してくるものです。

最終回の人生の終わりに、目指すもの、10年後、20年後の自分のイメージをしっかりと持っておくことは、充分な時間のようで、あっという間に過ぎ去る時間を有効に活用するには大切なことですね。

20年の時間は、何かを成し遂げていくには充分な時間ではありますが、やはりあれもこれもを実現するには充分な時間とは言えないでしょう。

どういうスパーンであっても、人間の能力を最大に発揮させるには、エネルギーを一点に集中させることですね。

そのためにも過去に縛られることなく、自分の可能性を小さく見ることなく、鮮明な夢に絶えず向かっていくことです。

言葉にもあるように、人間の身体は物理的にはある期間でほぼすっかり細胞は入れ替わり、別人になっています。

昨日まで出来なかったことが、一晩睡眠で熟成されて、今日には出来るようになっていることは当たり前に起こっていることです。

それだけの勢いで生まれ替わっている身体を、過去や経験などに縛られた思いで解き放てないようになっていると、当然自分自身の進化も感じられません。

生まれたばかりの赤ちゃんが成人する時間の進化は、0歳から20歳では見た目の成長でも分かりますが。

その後は見た目は変わらなくても、チャレンジに応じてさらに加速して、進化していきます。

特に脳は思考や習慣に邪魔されなければ、未知の領域が多いだけに無限に進化していくと考えてもいいでしょう。

もちろんチャレンジによる刺激は脳にも身体にも必要不可欠ですね。

人間の進化が止まるのは、物理的な要因より、思いの影響です。

どうぞ日々生まれ変わっている、進化しているあなた自身を信じてあげて、今と未来にしか生きられませんから、明確な期限付きの夢を見据えてチャレンジし続けてください。

(浜本哲治)

LINEで送る