ルイ・アームストロングの名言 Louis Armstrong

ルイ・アームストロング(Louis Armstrong)Wikipediaより

途中であきらめちゃいけない。
途中で諦めてしまったら得るものよりも失うものの方がずっと多くなってしまう。

ルイ・アームストロング Louis Armstrong

ジャズトランペッター ジャズヴォーカリスト 1901~1971


あなたの夢は、諦める必要はありません。

あなたの心が、今目指している夢よりもっと素晴らしい夢を見つけるまで。

特に壁や苦難に遭遇して、自ら諦めてしまうのは本当にもったいないことです。

手段や過程ではなく、本来目指すべき夢であるあなたの才能で、誰かの幸せ多くの人の幸せを実現していくという夢であれば。

必ず、そこに辿り着く道は見えてきます。

手段や過程であるべきことを目指していると行き詰まりもありますし、簡単に諦めてしまう傾向になってしまいますね。

あなたが夢を諦めてしまうことは、あなたが届ける幸せが届けられなくなりますし、幸せを届けことは、結果だけではなくチャレンジし続けている姿そのものが大きな幸せを届けることになりますから、それも届けられなくなります。

またあなた自身の才能や心の進化が、そこで止まってしまいます。

これは、大きな損失ですね。

諦めてしまって得られることは、遭遇している困難や辛い気持ちから、一時的に解放されることくらいでしょうか。

困難や苦境は、夢に向けてより良い道を見つけさせてくれたり、能力の大きな進化や夢へのステップアップの前兆でもありますから、ここで諦めるのはもったいないことですね。

さらに言えば、諦める前に夢を再チェックしてみることです。

目指すものが手段や過程になっていないか、至近距離のものになっていないか。

目指すものが本来のもの、大いなるものになっていないと、諦めてしまう要因になりやすいですね。

あなたの素晴らしい才能も、ひとつを磨き込んでいくのにも果てしない時間とエネルギーが必要です。

その進化と、これまでの蓄積を簡単に手放してはいけませんね。

それには、諦められない夢、諦める必要性がない夢にしっかりと照準を合わせてください。

あなたの能力は、その一生を捧げても尽きないほどに、どこまでも進化します。

進化させ続ける道も必ずあります。

(浜本哲治)

LINEで送る