糸川 英夫の名言 Hideo Itokawa

糸川 英夫(Hideo Itokawa)Wikipediaより

「自分にできること」よりも、
「世の中が求めていること」に
挑戦しつづけたほうが、人生も楽しい。

糸川 英夫 Hideo Itokawa

工学者 ペンシルロケットの開発者「日本の宇宙開発・ロケット開発の父」1912〜1999


あなたの夢は、あなたの持てる才能で、誰かを幸せにする愛を届けることですね。

その素晴らしい才能そのものでも、才能が生み出した産物であっても、実際に届けてみると、完成と思えたものでも、もっとこうしたら、もっと幸せを届けられる。
という部分が見えてきます。

それは自らの気づきであったり、届けた人からのフィードバックであったりします。

それによって届ける愛を進化させることが出来ます。

また、届ける人の期待を超えるような愛にしたり、さらに、まだ気づいていない幸せを感じるような愛にしていったり。

一人に届けられた愛を、一人でも多くの人に届けていくこと。

届ける愛の追求には終わりはありませんね。

いきなり世の中を変えるほどの、愛には育つことはないでしょうが。

一人ひとりに与えられた天賦の才を、どこまでも進化させていき、一人の人の幸せに役立つ愛にして、一人でも多くの人に届けていけば、世の中に大きな影響を与えることになるでしょう。

あなたに生が与えられ、与えられた才能の究極を追求していくと、世の中を幸せで満たすことです。

どこまで愛を追求して、どれほどの人に届けるかは、あなたの自由に任されています。

誰かの笑顔のために、幸せのために。
一人でも多くの人の幸せのために。
と考えていく人生は、楽しいものになっていきますね。

どうぞ、あなたの才能をどこまでも追求して、一人でも多くの人に幸せを届けてください。

出来ることをどこまでも積み重ねて、人類や自然界の幸せのために役立てていってください。

(浜本哲治)

ペンシルロケット(国立科学博物館の展示)Wikipediaより
ペンシルロケット(国立科学博物館の展示)Wikipediaより

LINEで送る