ロバート・ルイス・スティーヴンソンの名言 Robert Louis Stevenson

ロバート・ルイス・スティーヴンソン(Robert Louis Stevenson)Wikipediaより

どれだけ収穫できたかではなく、どれだけの種をまけたかで、毎日を評価しなさい。

ロバート・ルイス・スティーヴンソン Robert Louis Stevenson

英国の小説家 冒険小説作家 詩人 エッセイスト 1850〜1894


愛をひたすら届けることで、愛を与えられる自然界ですから。

もし受け取る愛が少ないと感じているとしたら、愛の届け方が足りないか、愛のレベルが進化していないことが原因です。

これは見事にシンプルで、自然界すべてに適用されているものです。

種子を育ててくれるのは自然です。
そしてその子の生命力と才能で、生を全うしていくしかありません。

人間は見守ることしか出来ませんし、植物たちも手元を離れた種子は同じですね。

あなたの育んだ愛の種子も、あなたから離れた瞬間から自然に委ねるしかありません。

最高の種子を育むことは、自分を最高に輝かせることですね。

植物たちが一粒万倍と言われるように、たくさんの種子を育んで自然に委ねていくのは、自然界の20:80の法則に沿ったものと進化のためです。

あなたの届けた愛の種子も、全てが芽吹くわけではありません。
届けたうちの2割が芽吹けばいい方でしょう。

そして手の中にあるうちは決して芽吹くことはありません。

今あなたが受け取っている愛は、過去にあなたが届けた愛の種子の結実です。

与えられる愛に心を奪われていると、どうしても種子を育むこと、届けることが疎かになっていきます。

愛の種子を届けない瞬間があれば、未来のあなたが愛を受け取れない瞬間が必ず生まれてきます。

愛の種子は、最高に育んで溢れるほどに届け続けることです。

どうぞ毎日愛を進化させられているか、その愛を届けられているか、ここにエネルギーを注いでください。

自然に受け取る愛も進化して、溢れるほどに多くなっていきますよ。

(浜本哲治)

肖像画(1887年 ジョン・シンガー・サージェント)Wikipediaより
肖像画(1887年 ジョン・シンガー・サージェント)Wikipediaより

LINEで送る