アガサ・クリスティの名言 Agatha Christie

アガサ・クリスティ(Agatha Christie)Wikipediaより

人生は、決して後戻りできません。
進めるのは前だけです。
人生は、一方通行なのですよ。

アガサ・クリスティ Agatha Christie

イギリスの推理作家 ミステリーの女王 1890~1976


時の流れは、過去から未来へと一方向に刻まれていきます。

起こってしまったことは決して変えることは出来ません。

ただ今間違ったことを言ってしまったり、してしまった時に、その言ったこと、したことをなかったことにすることは出来ませんが、その反省に立って誤解などを解いたり、未来に起こることを変えようとすることは出来ます。

遠い過去の後悔なども、もしその時に違う言動をしていたとしても、結局はその後の言動で今とたいして変わらない、今になっていたと考えてもいいでしょうね。

過去は学ぶからこそ価値が出てきますし、その出来事そのものは変えられないことですし、捉え方も人それぞれに千差万別なわけですから、囚われていても意味のないことでしょう。

これからの未来も、まだまだ過去に放出したエネルギーの現実化も待っているでしょうから。

やはり学んで、その先の未来に役立てていくことですね。

未来を変えられるのは、どこまでいっても今でしかありません。

アガサ・クリスティさんの、こんな言葉もあります。

覚えていて悲しんでるより、忘れて微笑んでいるほうがいい。


学びは未来のあなたの、そして誰かの笑顔に繋がってこそ価値のあるものになります。

今のあなたが悲しんでいては、そういうエネルギーを放出していれば、未来のあなたはまたそのエネルギーを受け取ることになってしまいます。

どうにもならないことは学んだら忘れることがいちばんです。

忘れようとすると忘れられないものですから、心を別のものに向けて夢中になることですね。

今の一瞬一瞬に、あなたの心が何にフォーカスしているのか、どうぞ大切にしていってください。

時の流れに逆らわず、素敵な未来のあなたを見つめてください。

心を踊らせるような、フォーカスできる夢は大切な存在です。

今のあなたの素敵な笑顔が、明るい未来にしていくことも間違いありませんね。

(浜本哲治)

アガサ・クリスティの墓標。オックスフォードシャーのチョルシーにあるセント・メアリ教会にて Wikipediaより
アガサ・クリスティの墓標。オックスフォードシャーのチョルシーにあるセント・メアリ教会にて Wikipediaより

LINEで送る