風間 完の名言 Kan Kazama

風間 完(Kan Kazama)Amazonより

だいたい、うまくいかないものは、無理してがんばらないほうがいいんです。
人生「消去法」だからね。

風間 完 Kan Kazama

挿絵画家 1919〜2003


人間は無理をしたり「頑張ら」なければならないようなことをしていても、それほど大きな成果は望めません。

無理とチャレンジは別物ですし、また同じことを愉しめる心と、頑張らなきゃと感じてる心とでは、明らかに差が出ることは日常のあらゆることでわかりますね。

そして植物たちを見ていてもわかるように、自然界に生かされている生き物は、チャレンジを重ねていけば、最高に咲かせられる花や最高の結実に、運命の出会いや必然で導かれるようになっています。

上手くいかないことは、あらゆる可能性の中からエネルギーを集中させていくために、絞り込める要因でもあります。

あきらめることではありませんね。

また目指す夢に対して、歩む一本道を迂回させるためにも起こります。

思考や感情で流されたり、立ち止まったり、自らのチャレンジを止めることの多い人間は、夢の存在が大切な役割を果たします。

植物たちも、チャレンジを止めたり環境に流されるだけになると、それは即淘汰に繋がっていきますからね。

さらなるチャレンジが必要なのか、新たな道を見つけていく必要があるのかは、自分の心が納得するチャレンジが出来ているかどうかで、運命の必然を感じることが出来ます。

上手く行かないことは、その真意を感じることも学びの大切な要因ですね。

いずれにしても、目指すものを明確にして一心にチャレンジしていくことですね。

あなたの心が感じる目指すべき夢には、無理をしたり、頑張るという気持ちを持たなくても、進むべき最高の道、選択肢は見えてきますね。

(浜本哲治)

LINEで送る