倉本 聰の名言 Sou Kuramoto

倉本 聰(Sou Kuramoto)Wikipediaより

僕は「そうは言っても」「前例がない」という言葉が大嫌い。
そんなことを言っていたら、世の中も自分自身もチェンジすることなんてできません。
「前例がない」ことをやるからこそ「新しい挑戦」になる。

倉本 聰 Sou Kuramoto

脚本家 劇作家 富良野自然塾長 1935~


変化を怖れる、権益を守りたい、出来れば新たなことをやりたくない。というような人間の特性や社会構造が複雑に絡んで、人間界の、そして人間の進化を遅らせているのでしょう。

新たなことや、さらに先の領域にチャレンジしていかない限り成長も進化もありません。

進化することは変わり続けることです。

変化は嫌だけど成長、進化はしたい。
これはまずあり得ないことでしょう。

当たり前のことですが、防衛本能の強い人間は知らず知らずのうちに陥っているケースが多いものですね。

「そうは言っても」「でも」「しかし」「無理」などが反射的に口をついていないでしょうか?

今のままで、今のままがいい。
この現状維持も変化の自然界では変化なしにあり得ないことです。

今のままにしがみついているとどんどん後退していくだけです。

今まで体験したことのないことを体験できることは、脳内に新たな回路が繋がります。
脳内で繋がる回路が増えるほどに、脳から導き出される可能性が広がっていきます。

ただでさえ生涯に数パーセントしか使わないと言われている脳は、自分にしか使えませんから、せっかくの人生ですからどれだけ進化させられるものか少しでも多く使ってみたいですね。

あなたも知らない素晴らしい能力が、まだまだ無限と言えるほど眠っていますよ。

脳は新鮮な歓びの刺激を大変喜びます。
歓びの刺激に出来るかどうかは思考での捉え方で決まってきます。

どうせ変化するのであれば、またやらなければならないことであれば、楽しんで、楽しめるようにして取り組んでいくことです。

どうぞ変化することを怖れたり、億劫がらずに、人生でどこまで進化できるかのチャレンジと考えて、あなたに変化の打診が誰かから、自然から来たのは運命の出会い、チャンスと捉えてチェンジにチャレンジしてください。

変化を当たり前と自然の摂理に沿って感じられれば、めざましい成長、進化が実現していきますよ。

(浜本哲治)

LINEで送る