ウィリアム・ジェームズの名言 William James

ウィリアム・ジェームズ(William James)Wikipediaより

われわれの持つ可能性に比べると、現実のわれわれは、まだその半分の完成度にも達していない。
われわれは、肉体的・精神的資質の、ごく一部分しか活用していないのだ。
概して言えば、人間は、自分の限界よりも、ずっと狭い範囲内で生きているにすぎず、いろいろな能力を使いこなせないままに、放置しているのである。

ウィリアム・ジェームズ William James

米国を代表する哲学者 心理学者 1842〜1910


人間の脳は、その生涯に、
わずか数パーセントしか使われずに、
人生を終えていると言われています。
これは、もったいないことですね。

脳には右脳左脳と言われたり、
顕在領域、潜在領域と言われたりする、
思考を司る領域や、感性や潜在能力の領域があります。

それぞれに、脳のどこがどう使われているかを、
知覚することはありませんが、
思考を働かせたり、身体を思い通りに動かしたりする、
意識的に活用できる領域があることは確かですし、
閃きなどを得る、潜在意識の領域があることは、
解明もされてきていますから、間違いのないことですね。

そして、その意識的に活用できていない、
潜在領域が、思考などに使われる顕在領域より、
はるかに、奥深い領域を秘めていることも、
解明できていることだけを見ても確かなことでしょう。

ただ、意識的に活用できずに、
存在を知覚することも出来ない領域の存在に、
確信を持つことは難しいことですから。

存在を認識できたり、活用できるようにすることが、
大切なことです。

日常の中でも、潜在領域の能力は、
時々、現れたりしていますから、
それを感じ取ることも大切ですね。

閃きが、思考の中に紛れていたり、
ふとした時に、偶然のように、
蓄積した能力以上のパフォーマンスを発揮したり、
注意深く感じていると、感じ分けることが出来ます。

そして、意識的に、再現性を持たせて、
引き出せるようになると、
脳の活用範囲が広がっていくことになりますが、
これも、少し慣れや継続していくことは必要ですが、
充分可能なことですね。

その方法は、折に触れてFacebookでも話していますが、
ポイントは、
☆自然に触れること。
☆閃きやたまたまを大切にすること。
☆リラックスすること。
☆チャレンジを歓びの刺激にすること。
☆発揮したい能力や実現したい夢を、
ピンポイントに絞り込むこと。
☆心をターゲットに向けたまま、
思考を手放す感覚を身につけること。

主なポイントはこんな感じでしょうか。

どれも、難しいことではありませんね。
思考を手放す感覚と、
思考などと閃きなどの感じ分けに、
少し慣れが必要なくらいでしょうか。

私の開発した、アスリートから子どもさん、
寝たきりで身体を動かせない人まで効果的に活用できる、
トレーニング方法の、波動トレーニングもそうですが、
https://www.pt-hamamoto.biz/index.php?Hado

人間が本来持っている能力を引き出すのに、
誰もが出来ないことや、
何か特別な道具を使わなければならないようでは、
意味がないでしょう。

全ての人の中に、確かに存在する、
潜在能力を引き出すことも、同様に考えていますし、
実は意識的に活用できる能力だと、
私の研究で確信を持っています。

自由自在に、潜在能力を引き出せるようになれば、
今の脳へのインプットの状態で、
現状のパフォーマンスを遥かに超える能力を、
活用することが出来るようになります。

もちろん、更なる進化には、
インプットが大切であることも間違いありませんが、
持てる能力を、十二分に発揮できる方法は、
ぜひ、一人でも多くの人に会得して欲しいですね。

潜在領域と繋がったパイプも、
さらに太く、奥深くまで到達させていくことも、
日々のチャレンジの積み重ねです。

もちろん、脳の能力を引き出すのに、
通常に活動しているだけで、
とてつもないカロリーを消費する脳ですから、
充実した朝食が、大切なことは言うまでもありませんね。

ウィリアム・ジェームズさんの、こんな言葉もあります。

できるかどうか分からないような試みを、
成功させるただひとつのものは、
まずそれができると信じることである。


人生は価値あるものだと信じなさい。
そうすればあなたのその信念が、
人生は価値あるものだとい事実を生み出すでしょう。


未来の夢の実現も、人生の価値も、
自分の潜在能力の存在を体感して、
それを活用できるようになっていけば、
信じることは出来るようになるでしょう。

ウィリアム・ジェームズさんの、言葉です。

私の世代の最大の発見は、
人間は心の持ち方を変えることによって、
人生をも変える事が出来るということだ。


これからは、人類、人間界の進化のためにも、
せっかく与えられた脳を、
少しでも多く使えるようになることは、
大きな発見になるでしょう。

どうぞ、あなたの中に、まだまだ膨大に眠っている、
あなたの素晴らしい能力を引き出すことに、
チャレンジしてください。

(浜本哲治)

LINEで送る